FC2ブログ

丹生の里②原を歩く

2015.03.31.Tue.14:01
★原の里へ

丹生(にゅう)の里の次回どこを散策しようか、富岡市の地図をみているうちに、不思議な名前の神社を見つけた。
丹来神社
地元の人何人かに ~なんてよむのでしょうか?~と聞いたけれど
「?」誰も知らない。
しかし、丹生マニアとしては、例え一字でも「丹」の字があると、追跡したてみたくなる。
「郵便局のところを曲がって道なりにいけば、すぐさ。いってみな」
ウォーキング友を乗せて、教えてもらった道をいってみた。
※原の里へ行く途中の八幡宮

★原の里
大桁山(おおげたやま)の中腹に、小さな集落があった。
空気が澄んで
空が近かった。
山と空に抱かれたような小さな集落 原の里
「知らなかった いい里だねぇ 寿命が一年のびたわ」
ウォーキング友も感動
※集落中央の高い杉の木あたりが、神社だった。
P原
★古柳観音(こやなぎかんのん)
道幅が狭いので、古柳観音に車を停めて、2人して歩いた。
村の至る所にある石垣が実に素敵だった。
(残念ながら、石垣の写真を撮り忘れたm(__)m)
Pこやなぎ観音800
★丹来宇神社(たろうじんじゃ)だっ。た
富岡市の地図には「丹来神社」としかなかったが、正確には、丹来宇神社(たろうじんじゃ)だった
「大字下丹生村字山口にあり、大桁山の中腹にて老樹鬱蒼(うっそう)たる裡渓流その側を流れ境内頗(すこぶ)る幽邃(ゆうすい)なり」群馬県北甘楽郡史 本多亀三著より
まさに、その通りで、亀三さんの適格な描写力にも感動
P1020061.jpg
★丹来宇神社の御神宝
同じく「群馬県北甘楽郡史」によると
丹来宇神社の御神宝は、「先史時代の石棒なるが如し」
古代人のおおからな信仰と水と空気のきれいな里に大満足して帰路に着いた。

スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する