FC2ブログ

韓国珍道中⑥

2015.02.28.Sat.14:13
★豊臣秀吉の朝鮮侵略(1592-1598)を
日本では文禄・慶長の役という。
韓国では、壬辰和乱(イムジンワラン)
image秀吉
★京都の耳塚
1597年9月12日
朝鮮人の鼻や耳・首を塩漬けにして
大樽15個が肥前の名護屋城を経由して
京都に送られてきた。
大阪・京都で大樽は車にのせられ、
人びとにまるで凱旋将軍のように
見せびらかせたうえ誇り、
東山方広寺大仏殿に塚を築いて納入された。
大河内秀元は、その著で
「日本の軍勢16万が討ったる
朝鮮人の首は18万5738、
大明人の首数は2万9014、
すべて21万4752個が、
平安城の東なる大仏殿の土中に築籠め、
石塔を立てて、貴賤今にこれをみる」
 ~秀吉の朝鮮侵略と義兵闘争 金奉鉉
21万・この数を何割の国民が知っているだろうか・
しかし、日本側の記録には、約2万人分とするとある。
侵略した側とされた側では
耳塚の記録ひとつにもこの大差。
04-450.jpg
★第15代 沈寿官(チンジュカン)
帰りの畿内で、隣りの席になった黄門から
司馬遼太郎の「故郷忘(ぼう)じがたく候」
を薦められて、帰国後、購入し、一気に読了。
秀吉の拉致により、人生を狂わされた
窯元の人々の代々の苦悩を初めて知った。
historyNewIm.png
★珈琲と陶器の店を経営している友人Sが
「知ってた? 伝統のある窯元ってみんな秀吉が拉致してきたんだよ」
と云ってたのは本当だったんだ。
~唐津、萩、薩摩、有田、上野、高取、伊万里~
文禄・慶長の役は「焼き物戦争」とも言われた。
imagesX5QM08PK.jpg
★朝鮮通信使
それなのに、江戸時代 
朝鮮通信使を派遣して、鎖国中の日本に
文化の風を吹かせてくれた彼の国の人々よ

黄門が最後に江戸時代に朝鮮通信使に対して
誠心外交をつらぬいた「雨森芳洲(あめのもりほうしゅう)」
について、歴史学者として、じっくり語ってくれた。

雨森芳洲も
浅川巧(あさかわたくみ)も
安重根(アン・ジュングン)も
尹東柱(ユンドンジュ)も~
何も知らなかった・・・・

日清日露戦争の主な戦場は朝鮮半島だった。
そして1910年から36年間の植民地支配。
我が国の近代化西洋化は朝鮮半島を足場にして
成り立ったのだ。
「1910年日韓国併合」の暗記だけ。
その実態を何も知らなかった。

大河ドラマが「豊臣秀吉」ではなく「雨森芳洲」
になるようでないと本当の民主主義国とは
いえないであろうと黄門は語った。  

今回、チグハグだったけど、
ご老公のおかげで
超ディープな旅をして、
色々な課題をいただいた。
英国熱はスッとんだ。
遙か彼方に・・

チグハグメンバーの皆様に
黄門様に
感謝です。

でも 一言だけいわせて
初老の恋にご用心(笑)
無題2
終わり
ご購読ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する