FC2ブログ

朝鮮式山城iについて朝鮮式②

2019.03.11.Mon.08:43
嘘みたいな本当の歴史話㊸

さて皆さん、今年の元日のブラタモリをご覧になられたでしょうか?そこでタモリさんが大野城や水城を日本初の朝鮮式山城として紹介していた場面があり、とある大発見の事を紹介しておりました。今日は前回に引き続き、朝鮮式山城のお話をしたいと思います。

前回水城の事をお話ししましたね。水城土塁跡は大宰府跡地のすぐ北東側にありますが、初めは玄界灘からの新羅軍の侵攻を防御する為に築かれた短い土塁と思われておりました。しかし研究が進むにつれて、大野城、基肄城を含む大宰府市と筑紫野市を囲う土塁の一部ではないかと言う説が現在では有力です。それを物語る様に北部の水城だけではなく南部の基肄城のすぐ下に「とうれぎ土塁跡」や「関屋土塁跡」の跡が見つかっております。さらに2016年に筑紫野市若江地区の前畑遺跡宅地造成に伴う区画整理の最中、水城と類似する土塁跡が見つかったからです。これは水城の土塁跡が広大な城域を囲った土塁の一部という説を裏付ける大発見だったんです。さらに推定していた土塁位置よりもさらに南方に土塁があったと言う根拠にもなりました。

これら広大な城域を土塁で囲い防御する城の事を「羅城(らじょう)」とも言います。「羅」は「国」を意味します。この大宰府市と筑紫野市を防御した羅城はかつて百済の首都、「泗沘(サビ)」を防御した「扶余羅城(プヨナソン)」に非常に類似していたそうです。つまり前回もお話しいたしましたか、百済の城域思想を持つ羅城だという事がわかりますね。

実は基肄城の位置は吉野ヶ里遺跡からそう遠くなく、有明海の海岸線が古代は吉野ヶ里遺跡付近にあったことから、有明海からの侵攻の防御も必要だったんです。吉野ヶ里遺跡から長崎にかけての山沿いは古代の海岸線でいくつも渡来人の痕跡が残っている事から、有明海も朝鮮半島からの往来が激しかった事が分かっております。つまり玄界灘の博多湾と佐賀県の有明海両方からの防御が必要だったんです。基肄城も有明海からの侵攻の防御の為に築城されたのではないのかと言われております。だから広大な城域の羅城築城が必要だったと言う人もいます。

さて2016年に発見されて今年元日のブラタモリで紹介された筑紫野市若江地区の前畑遺跡土塁跡は、先日たずねると既に崩されて無くなっておりました。でもその先の一部は有志達の運動により保存が決まりました。現在は宅地の開発中で立ち入りができませんが、数年後には見学も可能でしょう。

またこの他にも佐賀県武雄市、佐賀市、福岡県糸島市、久留米市、八女市、朝倉市を始め九州各地、関西や西日本の沿岸地域には朝鮮式山城の土塁の礎石や水門がいくつも残っております。

いかがでしたか、今日の朝鮮式山城のお話し。
信じるも信じないもあなた次第です。
ではまた次回・・・




右上は大野城
左下は水城土塁跡
右下は大宰府庁跡地
53355760_10217020936907640_3013795022802780160_n1.jpg
左上は基肄城跡
右上は新しく土塁が発見された前畑遺跡の宅地造成場所
中央下の星マーク二つがとうれぎ土塁跡と関屋土塁跡
52830889_10217020937147646_813709454334754816_n2jpg.jpg

大宰府羅城の推定図
52855221_10217020937347651_2203834233103843328_n3.jpg
とうれぎ土塁跡
53110564_10217020937667659_8383540011605164032_n4.jpg
とうれぎ土塁案内板
52935501_10217020937907665_8752700439335534592_n5.jpg
関谷土塁跡。
現在は国道3号線の下にあります。
52692483_10217020938107670_1859065577482485760_n6.jpg
関谷土塁の案内板
52886944_10217020938587682_3785584342198124544_n7.jpg
基肄城から見た前畑遺跡宅地造成場所
写真中央の掘削場所
53110694_10217020940827738_2540069785140461568_n8.jpg
ブラタモリで紹介された前畑遺跡宅地造成場所。
奥の斜面の上に土塁跡がありましたが、今は掘削されてありません。
53589961_10217020941027743_6077075692422430720_n9.jpg


☆彡Aさんのコメント
なんとも壮大な規模の城域なんでしょうか。是非とも後世のためにも保全してもらいたいものです。
しかし、関西にも有るとは驚きました‼️

金浩さんのコメント
高台から望むその城域はものすごく広大です。
関西を始め西日本各地に沢山あり、特に九州に集中しております。
こういうのをみて回っても面白いですよ。

スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する