FC2ブログ

奈良県広陵町 百済の里を歩く①

2018.11.28.Wed.11:11
奈良県 広陵町に
百済寺という寺があるという。

そこに 行ってみたい。
そこに、百済からの渡来人が住んでいたのだろうか?

多分、観光地ではないので、下調べしていかないと 辿り着けないだろう。
普通の住宅地の中に ポツンと建っているのだろう。

いつか行ってみたい。

そんな思いを持ちつつも 何年も果たせなかった。
奈良には 何度か行ったのだか、バスツァーだったり、歴史に興味ない夫と一緒だったり

しかし、今回は 一人だヽ(^。^)ノ

何としても 念願の百済寺へ行こう。

というわけで、JR奈良駅から桜井へ
桜井駅から近鉄に乗り換えて「松塚」という寂しい駅で降りた。
46847611_2123167041346732_1092656043927797760_n.jpg
誰もいない駅
駅員さんに
「百済寺へ行きたいのですが、バスはでていますか?」
と、聞いたら
「バスはないし 百済寺も知らない」という返事

駅員さんも知らないの~
ビックリ!
観光地でないってことは、こういう事なんだと再認識。
46782699_2123167114680058_1159824715347394560_n.jpg

46747925_2123167074680062_3412875219214270464_n.jpg
仕方なく、自宅からプリントアウトしてきた地図を頼りに歩きだす。
かつらぎ川沿いのアスファルトの道路をひたすら北上した。
46803679_2123167258013377_6842854557274341376_n.jpg
ひたすら、ひたすら 北上した。
約一時間くらい 歩いただろうか?
46845384_2123167381346698_1878648132976246784_n.jpg
少し雨がパラついてきた。
どうしよう!
傘がない。
タクシーも呼べないし、かなり危機的状況!
実はいつもの折畳傘を忘れてきたので、昨日 安物の柄の長い傘を買ったのだが、今日それを持って歩くのは 大変だったので、ホテルフロントに寄贈してきてしまった。
本日は夜行バスで帰る日なので、荷物は宅急便で自宅行き。
→いつものパターン
そうしないと、歩けない。
46955641_2123167418013361_484887681570963456_n.jpg
進行方向に大きなグリーンのドームが。
何だろうと思ったら、ゴルフの打ちっぱなし練習場
広陵プリンスゴルフだった。
46849227_2123167444680025_2322240996781326336_n.jpg
グリーンのドームを過ぎてから、百済寺とは、反対方向の
広陵町役場へひとまず行ってみることにした。 
まず役場に行けば、何らかの情報をゲットができるだろう。
46913725_2123167514680018_2116058394497384448_n.jpg
かつらぎ川沿いから15分くらいで、広陵町役場に到着。
46898385_2123167581346678_5339503338092232704_n.jpg
役場でトイレ休憩をすませて、外に出たら、嬉しいことに循環バスがあることに気がついた。
どこまでいったも100円
ラッキー!
良かった。
帰りは この循環バスに乗ろう。
46762627_2123167738013329_3570340192143278080_n.jpg
時刻表みたら、現在11時で 次のバスは12時24分
だったら、歩こう。
距離的にも 大丈夫そうだ。
雨も大丈夫そうなので、また、かつらぎ川方向へ戻った。
46762631_2123167711346665_5617634974820728832_n.jpg
また、15分元来た道を速足で歩き、かつらぎ川を渡ったら、何か標識らしきものが
46831093_2123167828013320_7003732822317858816_n.jpg
なっなっなんと 「百済寺」の標識だった!
嬉しかったヽ(^。^)ノ
46775489_2123151514681618_758717801178333184_n.jpg
遂に辿り着いた。
のどかな里の秋の風景に癒された。
百済の里を眺め 一人感動。
47018451_2123151548014948_2585386904203558912_n.jpg

しかし、道路下に墓地発見!
46988944_2123151644681605_3617239426834366464_n.jpg
しかも「百済共同墓地」とは!!
ここは 本当に日本なのか。
古代の百済国にタイムスリップしたような気分になった。
46966511_2123151604681609_433191784454029312_n.jpg
誰もいない集落外れの共同墓地へ
突き当りの建物の中の
46811862_2123151578014945_8667364202282745856_n.jpg
お地蔵さま二体の後ろに
46998212_2123151664681603_1622153996024152064_n.jpg
なっなっなんと!火葬場があった。
つい、最近まで ここで火葬していたのであろうか?
ちょっと 怖かった。
47099253_2123151724681597_7533552592018735104_n.jpg
この張り紙にもドキッ!
46996604_2123151698014933_1663589976480153600_n.jpg
集落に入った途端、凄いものを見てしまった。
見てはいけないものを見てしまったのかもしれない。
この集落は、奈良盆地にあり、葛城川と曽我川の間にある。
曽我川は、かつては百済川と呼ばれていた。
百済国滅亡(660年)後、多くの渡来人がこの地に入植したらしい。
肥沃な田園が広がる土地に、入植し、人口増加して、一部の人々が明日香村へ移住したらしい。
百済共同墓地、百済寺、百済川、百済集会所
全てに 百済の地名をつけ、でも、駅長さえ知らないという不思議な百済の里
これこそ、現代日本の隠れ里では、ないだろうか。
46860467_2123151811348255_1166056571159969792_n.jpg

再び歩き出した。
向こうに見えるこんもりした林のような場所が多分百済寺だろう。
塔の先端が、かすかに見えた。
46806656_2123151878014915_7147047892346208256_n.jpg
あの林目指して、歩こう。
46736755_2123151964681573_8602160392501723136_n.jpg
重厚な大和棟造りの家が
代々の農家だったのだろうか
46804898_2123152254681544_91572718545141760_n.jpg
道路脇のわずかなスペースに見事な家庭菜園があり、ミカンもたわわに実っていた。
46747950_2123152314681538_6468590097783586816_n.jpg
柿も実っていた。
46934396_2123880684608701_4160464936222326784_n.jpg
ミカンの木の向こうに百済寺の塔が見えた。
46979499_2123152378014865_1903759342172110848_n.jpg
集落の家並みの向こうに百済寺があった。
46979353_2123880761275360_7037421910132523008_n.jpg
遂に到着。
感無量。
奈良県北葛城郡広陵町百済の百済寺は
神仏習合して 神社の境内に 佇んでいた。
重層的に百済から渡来した人々が入植し、定住したこの地の歴史を無言で語っていた。
47027441_2123880801275356_9098554781084942336_n.jpg
三重塔(重要文化財)は鎌倉時代中期の建立。
46919845_2123880834608686_5694877152730677248_n.jpg
説明番に板には、こうあるが、Wikiによると
「1997年以降、桜井市吉備(安倍文殊院の西方)の吉備池廃寺の発掘が進むにつれ、伽藍の規模、出土遺物の年代等から、この吉備池廃寺こそが百済大寺であった可能性がきわめて高くなっている。」そうだ。
しかし、それは私にとってはあまり重要なことではない。
奈良盆地のほぼ中央のこの場所に、百済から渡来した人々が、1400年近く住み続けているという事実だけで十分な気がした。
47061472_2123880784608691_5095375039050547200_n.jpg

つづく



スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する