FC2ブログ

神武天皇陵とは何か①

2018.11.19.Mon.13:04
久しぶりに奈良へ
JR奈良駅のスーパーホテルに泊まり 奈良を歩き回ってきました。


今井町から藤原京跡を目指していたら 突然 大きな森林が出現!
何だろう と歩いていると 神武天皇陵とのこと
畝傍山の麓に 後世この様な天皇陵を作ったのだなと納得した。
広い道路沿いに歩いていたら やっと神武天皇陵に着いた。
この広大な敷地 長く続く自然林のような鬱蒼しとた森林
そうとうな人力と国家財政を費やして作ったものに違いない。
何の予備知識もなかったので、自宅に帰ってから、調べてみた。

「現在の宏荘な神殿と社殿は、昭和13年から同15年にかけで、「日本書紀」による紀元2600年を記念して行われた拡張整備事業の結果、造成されたものである。
このとき建国奉仕隊の名のもとに、近畿地方の中学生・女学生を中心に、全国から奉仕団が強制的に動員され、その数は7197団体、121万人の多数にのぼった。
この大事業のおわった翌年、日本は太平洋戦争に踏み込むことになる。
畝傍山のふもとをよぎる人はだれでも、この事実に思いを寄せてほしい。
「建国記念日」の名のもとに、2月21日の紀元節が復活して以来、このことは一層強く念じられる。」
 奈良 植木幸次郎著 岩波新書  亡父の愛蔵書より

神武天皇については、諸説ある。
そもそも 存在しなかった説
一地方の豪族に過ぎなった説
神武東征は、天皇制を権威づける為の後世による創作なのか?

この広大な天皇陵が何故 造営されたのか?
その歴史を遡って歩いてみたい。 

c9a1d2e302239e449c1e1550ff95b7d5.jpg
a9f94a0a.jpg
90ffa984-c6ad-4c49-ab2e-aadda941b4a1.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する