FC2ブログ

「車持君」は渡来人

2018.02.16.Fri.08:43
嘘みたいな本当の歴史話㉟

皆さん、群馬県と言ったら何を連想しますか?自分は小さい頃、群馬と言えば大草原に何千頭もの馬が放牧されているそんなイメージでした。それとやはり「かかあ殿下と空っ風(群馬は女性と吹き降しの風が強いと言う意味)」、「国定忠治」ですね。小さい頃、オモニ(母)のスカーフをマントの様に首に巻いて、新聞紙をクルクルクルっと丸めた刀を作って、「赤城の山も今宵限り、かわいい子分の手前達とも・・・」なんて国定忠治を真似てチャンバラごっこした記憶があります。そんな話は置いといて・・・

さて、群馬の県名の由来は、古代この地域を「車評(くるまごおり)」と呼んでいた所に由来します。「評」とは「郡」と一緒で行政区分を表す言葉で、「車評」は後に「車郡」に代わり、この地名は江戸末期まで使われます。明治に入り、「車郡」が「群馬郡」となり、「群馬県」になったわけです。

では「車」とはなにか。それはここを治めていた「車持君(くるまもちのきみ)」と言う人物の名前が由来だと言われております。「車持君」は馬を多く献上したところからその姓を拝領したとあります。そう、「車」とは乗り物、つまり「馬」の事なんです。群馬県一帯の古墳からは多くの馬具や馬骨が出土しており、この地域で多くの馬が飼われていた事がわかっております。更にその馬は渡来人が朝鮮半島から持ってきて、この地で育て増やしたと言われております。一説には「車持君」は渡来人とも言われております。

それからもう一つ、この地には朝鮮半島からの渡来人が多く住み、「呉人(くれびと)が多く住む地」と言うことから「呉人」が「車」になったとの説もあります。「呉人」は朝鮮半島南部の「求礼(クレ)」、もしくは高句麗の「句麗」の事を言います。「車持君」説と「呉人」説、二つの説はかつて国語辞典にも載っておりましたが、県名の由来はどちらか「定かではない」そうです。ま、どちらにせよ、県名の由来は渡来人にまつわるって事ですね。

そうそう、高句麗と言えばこの群馬県にも、高句麗渡来人が来た証が幾つか残っております。代表的な物は高崎市箕郷町下芝にある「下芝谷ツ古墳(しもしばやつこふん)」です。この古墳、榛名山の火砕流で埋もれてしまいましたが、掘り起こしてみると巨大な石積み式の方墳(四角い古墳)でした。実は方墳は高句麗特有の古墳で石積式も高句麗式なんです。そしてここからは馬具類、甲冑、装飾品と言った豊富な副葬品が出土しました。中でも金銅製の「飾履(装飾を施した靴)」は大変珍しく、日本でまだ15例しか見つかっておりません。この靴は足の裏までガラスを埋め込み装飾されており、履いて歩くための物ではなく死者の為に履かせる靴で、古墳の被葬者が大変権力を持った者だと言う事がわかります。この他にも、高崎市にある高崎市立西部小学校隣の剣崎長瀞西遺跡からも方墳がいくつか見つかっており、群馬県には多くの高句麗系渡来人が入植した事がわかります。

いかがでしたか今日の「群馬県」のお話。
ちなみに我がアボジ(父)は生前、「我が家はかかあ殿下で、女房にあたまが上がらんばい。」って言ってました。古代も現代も、朝鮮半島から渡来した女性は強い・・・って事・・・
信じるも信じないもあなた次第です。
ではまた次回・・・


高崎市箕郷町下芝にある「下芝谷ツ古墳(しもしばやつこふん)」
榛名山の火砕流で埋まってしまい、上部が少し見えるだけになってしまいました。
28059082_10214024289913338_5724442791769907386_n.jpg
下芝谷ツ古墳(しもしばやつこふん)の地下を掘って、古墳の発掘調査をした写真です。
これだけ火砕流で埋もれてしまいました。
比較のための人の影が右上にあり、古墳の全景が右下にあります。
27858176_10214024291473377_3356278163893968474_n02.jpg
古墳の案内板
27867583_10214024292113393_872263989834499473_n03.jpg
博物館の案内板
27750252_10214024292593405_2235220566344778864_n04.jpg
古墳から出土した金銅製の「飾履(装飾を施した靴)」(レプリカ)
日本では15例しか出土しておりません。
27973587_10214024293033416_3053090823872187984_n05.jpg
同じく反対側の金銅製の「飾履(装飾を施した靴)」
27657878_10214024294353449_1331207748369043004_n06.jpg
金銅製の「飾履(装飾を施した靴)」(復元品)
27750747_10214024294153444_8031320382344967529_n07.jpg
飾履の説明板
27867857_10214024295593480_4442473972222619106_n08.jpg
高崎市にある高崎市立西部小学校隣の剣崎長瀞西遺跡。
目の前の古墳は剣崎長瀞西古墳。
手前の広場奥に、方墳が数基ありました。
27867215_10214024296233496_2277889492233820827_n09.jpg

フェイスブックみんなの声
私    ・この飾履の美意識の高さには、感動ですね。どんな王だったのだろうと想像します。
金    ・自分も古代に思いが馳せります。
      騎馬民族の王様、想像するとワクワクしますね。(≧∀≦)
私    ・現代の私達より、精神的には、豊かだったでしょうね。

S     ・凄いですね〜(o_o)馬がたくさん飼われていて、馬関連の物がたくさん見つかっているという由来は聞いていましたが、        詳細は初めて知りました!(◎_◎;)靴はかなり高価な物のようですね(≧∇≦)
金    ・火山地帯なので農業には適さないけど放牧にはいい所だそうですよ。
       広大な牧草地だったそうです。
      靴は高価で権力と富の証。
      今の時代でいくらくらいするんでしょうかね?

H     ・金さんいつもながら興味深いお話、面白く拝読させて頂きました。
馬といえば、大阪と奈良県を分ける生駒山がありますが、古代は生駒山の裾野で馬を放牧し育てていたところから生駒山と呼ばれるようになったといいます。まだ大阪平野がない頃、生駒の裾野まで河内湖が迫っていました。裾野を走った馬たちは河内湖の水を飲んだと思います。生駒に近い寝屋川市には秦という地名がありますが、渡来人と関係があるかに聞いたことがあります。生駒山に近い、八尾市、東大阪市、大東市、四條畷市、交野市、枚方市の線は古代史に様々残るものがあります。王仁博士などはその一人です。
まだまだ、大阪の古代史まで至りません。近世で精一杯です。🤗👋


生駒の方は確か百済の渡来人達が馬を飼っていたと聞きました。
現在の大阪は、地名や歴史に百済の渡来人の痕跡が沢山ありますね。
寝屋川市の秦は新羅渡来人秦河勝由来の地名と聞いたことがあります。
確かお墓もありますね。
大阪は時代とともに、百済、新羅、高句麗と言った渡来人が沢山いたそうですよ。
百済は大阪でも古い土地で、百済駅もあり、街中です。
河内湖が生駒山近くまで迫り、裾野を馬たちが走る姿を想像すると、なんとも言えないロマンを感じますね🤗👋

H 四條畷市の歴史資料館には、生駒山の裾野から出土した、木棺に入った完全な遺体、馬の化石が保存されています。渡来人だったかもしれません。
私は何度も見ています

スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する