FC2ブログ

甲冑王とかみつけの里

2018.02.09.Fri.14:12
嘘みたいな本当の歴史話㉝

皆さん、今から6年前、群馬県渋川市の榛名山(はるなさん)の麓で国道工事に伴う遺跡発掘調査が行われました。そこから大変珍しい古代人の人骨が出土した事はご存知でしょうか?何が珍しいかと言うと、前例のない日本で初めて鉄の甲冑をまとった人骨が出土したからです。では、この鉄の甲冑をまとった人物はいったい何者なのか?武人?貴族?はたまた農民?ここに大きな秘密が隠されておりました。今日はこの人物像のお話をしようと思います。

この人物は男性で、西暦500年代初頭に大噴火した榛名山の火砕流に巻き込まれて亡くなった事がわかりました。規模は長崎雲仙普賢岳で起きた火砕流の30倍とも言われております。では一体どんな人物だったんでしょう?その謎を解くカギがとある古墳にありました。

この遺跡から南に16km離れた所に、「上毛野はにわの里公園(かみつけのはにわのさとこうえん)」がありますが、その公園内に「保渡田八幡塚古墳(ほどたはちまんづかこふん)」と言う大型の前方後円墳があります。この古墳は既に盗掘されており被葬者の人骨はありませんでしたが、発掘調査を行った結果大量の埴輪が出土しました。その埴輪を復元してみると、生前の古墳の被葬者(王様)の生活の姿を現した物であった事がわかりました。

埴輪は狩猟をする王、神事をする王、隊列を組む王、鳥を方にのせた王他、様々な王の生活の場面を表したもので、その服装が極めて珍しく朝鮮半島の騎馬民族スタイルに酷似しており、諸説色々ありますがこの古墳の被葬者は朝鮮半島から来た騎馬民族の王様だった可能性が極めて高いと言う事がわかりました。そしてここには、甲冑をまとった埴輪もありました。関東付近で多く出土する甲冑をまとった武人の埴輪(NHKのはに丸くんや特撮映画の大魔神の様な埴輪)、元々王に仕えた武人と思われておりましたが、鎧が決まって出土するのは古墳の石室、つまり鎧をまとう者は武人ではなく王だと言う事が近年わかりました。つまり鎧をまとった埴輪も王だと言う事です。

では火砕流で亡くなった甲冑男性はと言いますと、古墳の王の埴輪と甲冑がきわめて似ており、男性はやはり武人ではなくこの付近を治めていた王と言う事がわかりました。そしてその後の科学的な調査の結果、この人骨は成人男性で年齢は40代前半、身長は164cmだと言う特徴がわかり、また歯の成分から長野付近で幼少期を過ごした人物、つまり長野県付近で生活経験があった事がわかりました。更に大腿骨が太かった事から馬に常時乗っていた事もわかり、結論からこの男性は、朝鮮半島渡来人で長野付近を経て群馬に移住してきた騎馬民族の王様だったと言う事が判明しました。

実は群馬県には古代、多くの渡来人がやってきて、その痕跡を現代にも多く残してくれております。

いかがでしたか、今日の人骨と埴輪のお話。
信じるも信じないもあなた次第です。
次回は、今話題の旬ネタで「日本、トランプ、相撲と群馬」のお話をしたいと思います。
ではまた次回・・・嘘みたいな本当の歴史話㉝

皆さん、今から6年前、群馬県渋川市の榛名山(はるなさん)の麓で国道工事に伴う遺跡発掘調査が行われました。そこから大変珍しい古代人の人骨が出土した事はご存知でしょうか?何が珍しいかと言うと、前例のない日本で初めて鉄の甲冑をまとった人骨が出土したからです。では、この鉄の甲冑をまとった人物はいったい何者なのか?武人?貴族?はたまた農民?ここに大きな秘密が隠されておりました。今日はこの人物像のお話をしようと思います。

この人物は男性で、西暦500年代初頭に大噴火した榛名山の火砕流に巻き込まれて亡くなった事がわかりました。規模は長崎雲仙普賢岳で起きた火砕流の30倍とも言われております。では一体どんな人物だったんでしょう?その謎を解くカギがとある古墳にありました。

この遺跡から南に16km離れた所に、「上毛野はにわの里公園(かみつけのはにわのさとこうえん)」がありますが、その公園内に「保渡田八幡塚古墳(ほどたはちまんづかこふん)」と言う大型の前方後円墳があります。この古墳は既に盗掘されており被葬者の人骨はありませんでしたが、発掘調査を行った結果大量の埴輪が出土しました。その埴輪を復元してみると、生前の古墳の被葬者(王様)の生活の姿を現した物であった事がわかりました。

埴輪は狩猟をする王、神事をする王、隊列を組む王、鳥を方にのせた王他、様々な王の生活の場面を表したもので、その服装が極めて珍しく朝鮮半島の騎馬民族スタイルに酷似しており、諸説色々ありますがこの古墳の被葬者は朝鮮半島から来た騎馬民族の王様だった可能性が極めて高いと言う事がわかりました。そしてここには、甲冑をまとった埴輪もありました。関東付近で多く出土する甲冑をまとった武人の埴輪(NHKのはに丸くんや特撮映画の大魔神の様な埴輪)、元々王に仕えた武人と思われておりましたが、鎧が決まって出土するのは古墳の石室、つまり鎧をまとう者は武人ではなく王だと言う事が近年わかりました。つまり鎧をまとった埴輪も王だと言う事です。

では火砕流で亡くなった甲冑男性はと言いますと、古墳の王の埴輪と甲冑がきわめて似ており、男性はやはり武人ではなくこの付近を治めていた王と言う事がわかりました。そしてその後の科学的な調査の結果、この人骨は成人男性で年齢は40代前半、身長は164cmだと言う特徴がわかり、また歯の成分から長野付近で幼少期を過ごした人物、つまり長野県付近で生活経験があった事がわかりました。更に大腿骨が太かった事から馬に常時乗っていた事もわかり、結論からこの男性は、朝鮮半島渡来人で長野付近を経て群馬に移住してきた騎馬民族の王様だったと言う事が判明しました。

実は群馬県には古代、多くの渡来人がやってきて、その痕跡を現代にも多く残してくれております。

いかがでしたか、今日の人骨と埴輪のお話。
信じるも信じないもあなた次第です。
次回は、今話題の旬ネタで「日本、トランプ、相撲と群馬」のお話をしたいと思います。
ではまた次回・・


鎧をまとった人骨。
日本で初めて出土した、大変珍しい人骨です。
27751571_10213990606431272_3752102953544737837_n01.jpg
「上毛野はにわの公園」内にある「保渡田八幡塚古墳」
27654454_10213990606991286_1518444861408414922_n02.jpg
古墳の被葬者である王の日常を表した埴輪
27750291_10213990607991311_6799597080959930736_n03.jpg
鎧をまとった埴輪。
騎馬民族の王の埴輪。
出土した「鎧をまとった人骨」と酷似した姿です。
27655355_10213990610471373_1011042426185174886_n04.jpg
着飾った騎馬民族の王の埴輪
27749884_10213990608431322_7565386297014945491_n05.jpg
王冠をかぶった神事をする王のはにわ
27540966_10213990609031337_6715364229636846641_n06.jpg
会議をする王の埴輪
27750460_10213990610271368_1476053247700579264_n07.jpg
鳥を肩に載せた王のはにわ(左)
弓を射る王のはにわ(右)
27867539_10213990611111389_2573666533324919127_n08.jpg
騎馬民族の証の馬と最後尾は鹿です。
馬具は朝鮮半島の物とそっくりです。
27540775_10213990611751405_1395853979728961760_n09.jpg
神事をする王の様子
27867959_10213990612151415_5528431941696940362_n10.jpg
これは王に使える武人。
鎧はまとっておらず、盾のみをもっています。
27750395_10213990612391421_2535349368215670652_n11.jpg

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する