FC2ブログ

福岡県の高取焼

2018.02.02.Fri.10:31
嘘みたいな本当の歴史話㉘

皆さん、江戸時代の茶人で、岡山の松山藩と後に滋賀県の小室藩の藩主であった「小堀遠州(こぼりえんしゅう)」と言う人物をご存知でしょうか?小堀遠州は千利休の孫弟子で徳川家の茶の師範としても有名な人物です。日本各地の焼物窯の中で遠州が大変影響を与えた7つの窯元を、「遠州七ツ窯(えんしゅうななつがま)」と言います。その内二つの窯元は朝鮮人陶工の窯元でどちらも福岡県にあります。一つは筑前福岡藩(黒田長政:黒田官兵衛の息子)の「高取焼(たかとりやき)」、そしてもう一つは豊前小倉藩(細川忠興:細川元首相の先祖)の「上野焼(あがのやき)」です。この両窯は藩が違いますが距離にして900mほどしか離れておりません。お互い藩境地で開窯したんですね。今日から何回かに渡って、福岡と熊本の陶磁器のお話をしたいと思います。今回はまず、高取焼のお話からしようと思います。

高取焼は朝鮮人陶工「八山(はちざん)」により開窯します。八山は朝鮮國で焼物を取り仕切る官僚だったと言われており、壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の時に慶尚南道井韋登村で黒田長政軍に捕えられ、妻と長男と共に日本に連れてこられました。妻の名は「志らと(しらと)」で朝鮮名不詳、長男の名前は「八郎右衛門(はちろうえもん)」でこちらも朝鮮名不詳です。これと同時に加藤清正軍により同じ場所で一人の朝鮮人陶工が捕えられ、熊本に連れてこられます。朝鮮名は不明ですが、名を「韋登新九郎(いとしんくろう)」と言います。実は韋登新九郎の聟(娘婿)が八山でした。韋登新九郎のお話は後日又改めていたします。

さて、黒田長政は現在の大分県中津市にある中津城城主でしたが、1600年に国替えで筑前福岡藩の藩主になります。それに伴い八山も現在の九州自動車道八幡インター近く、直方市の「鷹取山(たかとりやま)の麓、「永満寺宅間(えいまんじたくま)」で1606年頃に福岡藩御用窯(藩専用官窯)として高取焼を開窯します。宅間で開窯した後、名前を鷹取山にちなみ「鷹取八蔵茂貞(たかとりはちぞうしげさだ)」通称「八蔵」と改めます。鷹取性は後に高取性に変わりますが、これが日本での高取家の始まりです。

ここでは初期、朝鮮半島北部(現在のピョンヤン付近)の焼き物と同じ形式の焼き物が焼かれておりました。それは一説によると、壬辰倭乱(文禄・慶長の役)以前に博多商人たちが朝鮮半島全域で密貿易を行っており、そこで仕入れた焼き物を諸大名や各藩主に献上したり売ったりしており、黒田長政もその一人で朝鮮半島北部の焼物を好んでいた様です。だから黒田長政は八山に朝鮮半島北部の焼物に似た物を焼かせていました。しかしながら八山は宅間窯を8年間で閉じてしまいます。それは黒田長政と細川忠興の仲が悪く、宅間窯が藩境地であったため移転を余儀なくされたからだそうです。

新たな移転先は宅間窯から5km程山奥の内ヶ磯と言う谷で、1614年に開窯しました。開窯に伴い八山は、義父の韋登新九郎を熊本から呼び寄せこの地に住まわせて、共に製陶作業をしました。この窯の規模は15室46mの巨大連房式登り窯で、国内最大級とされております。窯跡は現在、ダムの湖底に沈んでしまいましたが、ダムが不要になりまた窯の研究が出来る様にと、窯跡の上から保護材をかぶせて埋戻しております。

数年後、この内ヶ磯窯で大事件が起きますが、話が長くなるので次回への続きにいたします。
いかがでしたか、今日の嘘みたいな本当の話。
ではまた次回・・・

高取焼陶祖、朝鮮人陶工八山(鷹取八蔵茂貞)の肖像画
23380163_10213261970815837_6691984530802517182_n01.jpg
高取焼発祥の地、永満寺宅間窯跡の石碑
23244410_10213261972055868_7795557821413842210_n02.jpg
説明板
23319254_10213261972215872_6448503879201890826_n03.jpg
内ヶ磯窯の記念碑
23319055_10213261973215897_6973975794326731806_n05.jpg
高取焼内ヶ磯窯記念碑
内閣総理大臣麻生太郎
23376398_10213261973935915_2872769296305870467_n06.jpg
内ヶ磯窯跡案内板
23319006_10213261975295949_7397796390207119052_n07.jpg
案内板拡大➀
23376071_10213261975135945_4452869648160276636_n08.jpg
案内板拡大②
23244499_10213261974735935_2268735120397149131_n09.jpg
この内ヶ磯ダムの湖底に、高取焼内ヶ磯窯跡があります。
23231647_10213261975735960_7693384989921102625_n010.jpg

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する