FC2ブログ

高崎市佐野界隈④終

2017.09.20.Wed.09:53
☆柳生さんのフェイスブックよりシェアしました。
2017年9月10日(日)
【いにしえを往く 高崎市佐野界隈④終 「佐野の船橋」跡】
「― 万葉のロマンが悲恋を伝える地・謡曲『船橋』の舞台で起こったのは 事故か? 計画殺人か? いま明かされる歌碑に刻まれた哀しい真相とは ―」
比定地 歌碑・高崎市上佐野町203番地。※取材は9/3です。
▼『上毛野 佐野の舟橋 取り放し 親は放くれど 吾は放かるがへ』
(かみつけぬ さののふなはし とりはなし おやはさくれど わはさかるがへ)
万葉集 巻十四
意味・「佐野の舟橋を親が取りはなって あなたと私の仲を引き裂こうとしても、私は決して裂かれはしません。」
▼常世神社で謡曲『鉢の木』についてざっくり書きました。
常世神社からさらに北へ歩くと坂を下り烏川岸の窪地に降りるのだけど、左手に上信電鉄『佐野のわたし』駅が佇んでいる。
この付近の市街化に対応して、2014年に開業した新しい駅だ。一日70人程度の乗降客だそうだが、地域の大事な交通手段になっている。高崎駅までは二駅だ。
駅の施設や表示板などは一般公募されたデザインでなかなか好感が持てる。
言うまでもないけど、駅名はむかしこの付近にあった「佐野の渡し」にちなんでいる。
▼常世神社から駅に向かって坂を下りきった四つ角を烏川方向へ左折すると、自動車は通行できない珍しい木造橋が架かっていて風情がある。
「佐野橋」というが、この付近には古来から舟橋が架けてあり、対岸との往来が盛んだった。
▼昔話になるけど…
上佐野の西光寺の近くに、長者屋敷といわれる所があります。
昔、ここには、飯野主馬というお金持ちの「朝日の長者」がおり、長者には一人の娘がおりました。
烏川をへだてた向こう岸には、片岡民部という「夕日の長者」がおりました。こちらには、一人息子がおり、名を小次郎といいます。
やがて二人は年頃になり、娘と小次郎ははじめてこの舟橋の上で出会いました。二人はたちまち惹かれあい、恋に落ちたのです。
その夜から小次郎は舟橋を渡って娘のもとへ通いだしました。屋敷をこっそりと抜け出した小次郎が舟橋をこばしりにわたっていくと、むこうの橋のたもとに娘が待っています。ふたりは、夜のふけるのもわすれて語りあうのでした。
ふたりは毎夜、逢瀬をたのしんでいましたが、ついに娘の母親の知れるところとなりました。
富を競う両家の仲の悪さはこのあたりでも有名です。娘と小次郎の恋は許されざる恋となってしまったのです。
▼娘の家では、何とかしてふたりの仲をさこうとしました。
ある夜、ひそかに家の下男に命じて、男の通ってくる舟橋の橋板のいく枚かをはずさせました。
そんなこととはつゆとも知らない小次郎は、今夜も恋人に逢える胸の高まりを抱いて、心はもう娘のもとにとんで、舟橋を走ってわたりました。
足元も暗い時代です。小次郎は橋の上から烏川の流れの中にまっさかさまに落ちていきました。
娘は橋のたもとで小次郎のくるのを待っていましたら、向こうから男が走ってきます。
「ああ、今夜も来てくれた…」 娘がうれしくて胸をときめかせたのもつかの間、男の姿がかきけすように見えなくなってしまいました。
はずされた橋板を見て、娘はすべてをさとりました。そして、身をひるがえすと、小次郎のあとを追って川へ飛び込み、二度と浮かびあがることはなかったということです。
▼後世、熊野山伏が松島平泉へ行く途中にこの佐野の渡しを通ると、この地に橋を架ける費用の寄進を募っている男女に出会います。
山伏が橋の由来を尋ねると、女はさきの物語を打ち明け、実はそれが自分たちのことで、供養をしてほしいと言い残して消えてしまったのです。
▼そこで山伏が加持をし二人の成仏を祈ると、二人の霊が現れ山伏に苦衷を訴えて、やがて法力で成仏する…というあらすじです。
このお話は謡曲『船橋』として書かれ、奇しくも北条時頼伝承の『鉢の木』と同じ舞台に取材したとされています。
▼「舟橋・船橋」というのは、恒久的な橋ではなく、底の浅い小舟をつないで、その上に床板を敷いた仮設の橋をいう。
江戸期の画家、葛飾北斎がこの地の船橋を描いているが、昭和初期までは各地で見ることができたようだ。
▼謡曲は上州女の一途な愛の情熱をたとえた伝承で、酒宴などで歌い継がれたことであろう。
「佐野の船橋 歌碑」石碑は上佐野町の河岸段丘上に高崎市指定史跡として建てられている。
裏の碑文を見ると、文政10年(1827年)に延養寺住職によって記されたとある。江戸時代、徳川11代家斉の治世だ。
信仰心の篤い時代だ。近在の民人が平穏を願って伝承を供養したものであろう。
▼ここからは西の佐野窪一帯が見下ろせ、近代建造物が視界を遮りさえしなければ、佐野の渡しがあったあたりも一望できたであろう。
上州には情熱的な女性が多い。ひきかえて、情けないドジな男も多い。
そんな男を一途に愛する強い女の情念を垣間見る思いを抱いて、グンマの光彦はこの旅のエピローグとした。
※「グンマの光彦 いにしえを往く・高崎市佐野界隈」のシリーズはこれで終わりです。読んでいただいた皆様に御礼申し上げます。(終)


葛飾北斎画「佐野の船橋」。
21462277_1936965326556354_6439410683774413342_001n.jpg

21462419_1936965333223020_5293154372307105_002n.jpg

恋に落ちた男は、向こう岸をさして女のもとに会いに走った。烏川は現代でもこの付近の水深は深い。(佐野橋の上から東岸を見上げる。)
21462489_1936965336556353_8410299056491685330_003n.jpg

偶然下り電車が到着した。「佐野のわたし」駅。
21616521_1936965359889684_8927434888357713373_004n.jpg

21462613_1936965369889683_6214769250684923825_005n.jpg

歌碑は佐野窪を見下ろせる河岸段丘上の市道わきに建っている。
21616263_1936965373223016_3865305378771278642_006n.jpg

21616195_1936965406556346_6508779304117581561_007n.jpg

21616361_1936965409889679_7950585228938714629_008n.jpg

歌碑のウラ側。
21617537_1936965416556345_7122742952345941300_009n.jpg

南を向いて撮った構図。
自販機の先が「歌碑」のある場所。見落としやすい立地だ。右前方に降りていくと、高層マンションわきに「佐野橋」が架かる。
「佐野のわたし」駅は撮影地からすぐ右方向へ降りたところ。
21462543_1936965456556341_1340690821521823397_010n.jpg

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する