FC2ブログ

奈多八幡宮

2017.08.25.Fri.09:11
☆金浩さんのフェイスブックよりシェアしました。

嘘みたいな本当の歴史話㉒ + 言葉の語源 その114

皆さん、大分空港滑走路を望む大分県杵築市(おおいたけんきつきし)の奈多海水浴場のほぼ中央に、「奈多八幡宮(なだはちまんぐう)」が鎮座しております。
この神社、「奈多宮(なたぐう)」とか「八幡奈多宮(はちまんなたぐう)」とも呼ばれており、大分県宇佐市にある新羅渡来人が創建した全国総八幡宮の本社「宇佐神宮」の別宮として創建されましたが、伝承では奈多海水浴場沖合300mの岩礁が元宮とあり、岩礁に比売神が降臨して現在の場所に遷ったとされております。

宇佐八幡宮では「放生会(ほうじょうえ)」、「行幸会(ぎょうこうえ)」と呼ばれる二つの神事が執り行われます。後者の行幸会は宇佐八幡宮のみで6年に1度執り行われる古代からの神事です。昔は福岡県田川郡の新羅神を祀った「香春神社(かわらじんじゃ)」で採銅された銅で鏡を作り、それを神輿に納め、大分県中津市の新羅渡来人が創建した「薦神社(こもじんじゃ)」に立ち寄り、神社境内にある池の真菰で「薦枕」を作り一緒に神輿に納め、関連神社をまわり宇佐神宮上宮に新しい御神像と共におさめたそうです。ちなみに現在は香春神社とのつながりは絶たれております。

さて、新しく御神体、御神像、薦枕が宇佐神社上宮に納められると、元々あったご古い御神体、御神像、薦枕は宇佐神社下宮に移され、宇佐神社下宮にあった古い御神体、御神像、薦枕は、奈多八幡宮に納められるそうです。さらに奈多八幡宮にあった古いご神体、御神像、薦枕は、目の前の海に流されるそうです。これだけ見ても宇佐八幡宮と奈多八幡宮の密接な関係がわかりますね。

つまり、奈多八幡宮も新羅渡来人が創建した神社なんです。それを物語る様に、この神社の目の前奈多海水浴場は現在、人工の白砂がまかれておりますが、元々上質の砂鉄が取れた浜で、この一帯には古代製鉄、製銅所跡が沢山出土しております。そう、ここの鉄や銅の技術も渡来人がもたらした技術なんです。

さて、この奈多八幡宮境内奥には、一体の像が「みかんの祖」として祀られております。その人物は「田道間守(たじまもり)」で、現在はお菓子の神様として福岡の太宰府天満宮はじめいろんな神社に祀られております。この「田道間守」は日本書紀や古事記といった日本の古い古文書に登場する人物で、果物、特に柑橘類の蜜柑を日本全国に植えて回った人物として記録に残っており、それがいつしか甘味の神様つまりお菓子の神様として祀られるようになりました。皆さんご存知の柑橘類の「橘(たちばな)」は「田道間花(たじまばな)」が転訛したとされており、関西の地名「丹波」は元々「但馬」でこの「田道間」が語源とされております。

さて、この「田道間守」は実は渡来人の子孫、もしくは渡来人とされております。それはこの「田道間守」が新羅渡来人の「天日矛(あめのひぼこ)」の末裔、もしくは孫と記録が残っているからです。「天日矛」は太陽を神として信仰する新羅の製鉄シャーマン集団とも言われており、西日本と九州に沢山の伝承を残しております。

ちなみに「蜜柑」の語源は「三韓」で、韓国南部にあった古代国「馬韓國」「辰韓國」「弁韓國」の「三つの韓国」から来ていると昔歴史家に聞いた事がありますが、その資料の記述を見つける事が出来なかったので、この「蜜柑の語源」は自分の私的見解としての発言と理解してください。

いかがでしたか今日の嘘みたいな本当の歴史話と語源話のコラボ。
信じるも信じないもあなた次第。
では、また次回・・・

20108174_10212344683684232_5533942163468499671_n01.jpg
奈多八幡宮拝殿
20155933_10212344684284247_6799235570984715302_n02.jpg

20155933_10212344684284247_6799235570984715302_n02.jpg
奈多海水浴場
20155675_10212344684244246_4017431817982515268_n03.jpg
奈多八幡宮の元宮
奈多海水浴場沖合300mの岩礁に、比売神が降臨したとの伝承があります。
19905231_10212344685884287_1020862956935392797_n04.jpg
奈多八幡宮鳥居
19990401_10212344685804285_6105229203868283490_n05.jpg
奈多八幡宮由来書
19989233_10212344685764284_1169211834577635287_n06.jpg
奈多八幡宮鳥居の扁額
八幡奈多宮とあります。
20108183_10212344686964314_6203158057825777912_n07.jpg
奈多八幡宮由来書
19959466_10212344686924313_2253079947304271832_n08.jpg
田道間守像の全景
20046454_10212344686804310_8952395068561999886_n09.jpg
田道間守の像
ここでは「みかんの祖」として祀られていますが、お菓子の神様として全国で祀られています。


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する