FC2ブログ

車持神社を探して④

2017.01.31.Tue.15:19
この神社のイワレが石碑にあった。

由来
創立年月日は詳らかではないが、上野国神名帳所收の従五位「車持若御子明神」は現在の車持神社である。当社は、車持公の遺徳を追慕し、縁の地に崇祀勧請したものと伝えられている。車持公は上毛野君豊城入彦命の後裔射侠君の末裔で榛名山東麓一帯を統治されていたことから、この地は車の里と呼ばれていたのである。雄略天皇の時乗輿を作り献上したことにより、車持の姓を賜り、以後子孫はこの地に居住し、善政を施したのでやがて地名にまでなったという。また、榛名神社には豊城入彦命を祀る国祖殿があり、神南備の山の榛名神社大神を合祀したものである。
祭神:火産霊命、波途夜麻混売命、車持公
sしたのみず05
谷下に何かありそう。

sしたのみず01
ちょっと怖いけど 降りてみた。
sしたのみず02
石造物が鎮座していた。
sしたのみず03

実はこの日 神社の隣の牛舎の牛が一頭市場に売られていった。
まさにドナドナドナの世界・・・・

飼い主は無言のまま牛を撫でて別れを惜しんでいた・・・・
牛の瞳があどけなくて・・・・

闖入者は見ないふりをしているしかなかった。
sおとなりのドナドナ01


車持神社の隣の牛舎
古代から活火山の麓の傾斜地は田畑には適さないので放牧が盛んであったそうだ。

そんなこの土地に刻まれたDNAにも感動した。
榛名山東麓に眠る古代の車持勢力の痕跡をもっと知りたい・・・・
 
観光で行く榛名とはまるで違う、古代の歴史を秘めたこの里に魅せられつつある。

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する