FC2ブログ

羊太夫(ひつじだゆう)伝説に魅せられて①吉井編

2015.01.04.Sun.14:47

★「昔を語る多胡の古碑」と上毛カルタでお馴染みの「多胡碑(たごひ)」
この「多胡碑」って一体何?
~この辺りに数多く居住した帰化人のために初めて「多胡郡」を設けた建郡碑である~
と辛科(からしな)神社の宮司氏から頂いた小冊子には書いてある。
碑文の中の「・・給羊・・」の羊が大変問題で、人名説・方角説・時刻説と
論争が白熱したが、現在では、人名説が有力である。
西上州そして秩父方面にも「羊太夫(ひつじだゆう)」に関する多くの遺跡・伝説が残されている。
hituji1-12.gif
★羊太夫伝説(ひつじだゆうでんせつ)
 ~昔、この地に羊太夫(ひつじだゆう)という者がいて、超能力を使う八束小脛(ヤツカノコハギ)という従者に名馬権田栗毛(ゴンダノクリゲ)を引かせて、空を飛んで、奈良の都に日参していた。
ある時、羊太夫が昼寝をしている小脛の両脇を見ると羽が生えていたので、いたずら心から抜いてしまった。
それから、子脛は空を飛べなくなってしまい、羊太夫は都に日参できなくなった。
朝廷は、羊太夫に謀叛の疑いをかけて、羊太夫一族を攻め滅ぼしてしまった。
羊太夫は、金の蝶に化して飛び去っていった。
~という悲しい伝説です。
hituji-nakanoya-1.jpg
★安中市中野野の竹林の中に静かに鎮座する羊神社 「多胡宮羊宗勝神儀位」の石碑がある。
集落42戸のうち40戸が多胡姓。
安中市下秋間と榛名町上里見(東間野)にも多胡集落がある。
榛名町上里見(東間野)には、多胡神社があり、やはり、「多胡宮羊宗勝神儀位」の石碑がある。
2hitujijinnjya-nagoya-5.jpg
★羊太夫が奈良の都に上る時いつも立ち寄ったとされる羊神社
名古屋市北区辻町五丁目26番地

karashina-4.jpg
★2004年「羊太夫伝説の地を歩く会」を企画した時、大変お世話になった辛科(からしな)神社
吉井町神保に鎮座する多胡郡の総鎮守
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する