FC2ブログ

かみつけの里を歩く①

2017.01.31.Tue.13:12
群馬県は、日本で一番古墳が多い県。
今から約1500年前
5世紀の古墳時代の群馬県は上毛野(かみつけの)と呼ばれていた。
本日は、高崎市で仕事完了後、高崎市井出町の「かみつけの里博物館」周辺を歩いた。
八幡塚古墳→西光寺と薬師塚古墳→二子山古墳→かみつけの里常設展示室 
解説文を全部読んで歩いて古墳時代にタイムスリップ。

かみつけの里常設展示は何度行ってもこの博物館を造った郷土史家・元かみつけの里博物館長・近藤義雄さんの情熱を感じる素晴らしい展示。
関東平野にも百済系新羅系高句麗系の渡来人が多く入植している。

300年続いた前方後円墳の時代
保渡田古墳群の中で二番目に造られた前方後円墳。
墳長96m、墳丘は井出二子山古墳と同じ三段築成で、二重の掘があり、内堀に4つの中島を持つ。
現在は、前面に葺石(ふきいし)を施した築造当時の姿に復元されている。

この巨大な王の墓を造る為に、当時の最高水準の土木技術を駆使して、とほうもない労働力を費やしたはず。
完成した王の墓とを見上げた人々の胸に去来した想いは・・・
苦役からの解放感か
聖域への畏敬の念か
共同集落への一体感か
初めての巨大モニュメント達成への歓喜か
古代人の精神世界を想像しながら歩いた・・・・

古代の榛名山麓一帯は「車持の君」が支配していた。
どんな豪族だったのだろう・・・

そこで「車持の君」「上毛野君」「豊城入彦」は今年のマイ・テーマとなった。

「かみつけの里」として、古墳を保存してくれた人達に感謝しつつ、一人、古代人のココロを想像しながら歩いた。

邪悪なものから古墳を守っている盾持ち人埴輪
s2017-02-14 0012

かみつけの里博物館すぐ側の八幡塚古墳5世紀後半に築造
人物・動物はにわを並べた区画
古代の儀式・狩猟の様子・王の権威を示す財物の列・・からこの古墳に眠る王の権威を表現している。
sかみつけの里01
☆「現代の私達からすると一見奇異な感じのする王様の人物埴輪だが
実は騎馬民族のスタイル
筒袖(つつそで)、丸首の上着とズボンは、騎馬民族のスタイルであった。」
京都橘大学名誉教授 猪熊兼勝氏
~古墳時代の人々はそれを忠実に表現している。
sかみつけの里02
榛名山東南麓の井野川上流にあるこの3つの前方後円墳を総称して保渡田(ほどた)古墳群という。
5世紀後半から6世紀初頭にかけて、井出二子山古墳→保度田八幡塚古墳→保度田薬師塚古墳の順で造られた。
当時の東日本において、極めて優勢であった豪族たちの墓所として、国指定遺跡になっている。
sかみつけの里03

sかみつけの里05
頂上から次に行く西光寺・薬師塚古墳方向を見渡す。
sかみつけの里06
頂上から階段を降りると・・
sかみつけの里001

王の眠るひつぎ
舟形石棺(ふながたせっかん)
身も蓋(ふた)も大きな石をくり抜いて造った棺(ひつぎ)
ヤマト政権から高い地位を認められた豪族のみに許された形。
sかみつけの里07
見事な葺石(ふきいし)
s2017かみつけ03
葺石(ふきいし)工事の様子を推定したイラスト図
s2017-02-14 0013

中島から西光寺方向を見渡す。
そもそも中島とは・・・
掘のなかに直径約18mの円い島が4つ造られている。
ここは、古墳被葬者に対するマツリ(葬送儀礼)が行われた場所。
s2017かみつけ01


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する