FC2ブログ

魏石鬼岩窟(ぎしきのいわや)探検隊①

2014.12.30.Tue.13:35
無題-1
安曇野に何度か行くうちに、ここにも、
「討たれし豪族」がいたことを発見(^_^)v

魏石鬼岩窟(ぎしきのいわや)に棲む八面大王。

飛騨高山の両面宿儺(りょうめんすくな)に
負けていない。
なんせ、八面なのだから。
安曇野の古代史に興味をもった私の疑問に、
スッキリ答えてくれたのが、この本でした。
抜群の面白さ、古代史ファン必読の書です。

9059586986_94181df9ee-1.jpg
写真は、穂高神社にある662年「白村江の戦い」
で戦死した安曇比羅夫像。

時間のある人は、穂高神社にある常設の資料館で、
「安曇族」について、しっかり学習してください。
(事前に連絡すれば、宮司さんが
丁寧に解説してくださいます。)

時間がないけれど、知りたい人の為に、
チョッコと説明(^^)

古代の海人族には、安曇族・宗像族・住吉族が
三大勢力として栄えていました。
安曇族は、福岡市の志賀島を本拠地として栄え、
朝鮮半島の伽耶・対馬などを自由に行き来していた
漁労の民であり、交易の民だったのです。
(まだ、国も成立していないから、
したがって国境もない・・・)
大陸の先進文化をこの列島に伝えたのは、海人族で
あったと言っても過言ではありません。
鉄・稲作・馬・古墳・・このルートからいち早く
この列島に伝えられたと思われます。

しかし、大和朝廷による国土統一の過程の
「磐井の乱」で滅ぼされ、日本中に散っていきました。

その痕跡は、阿曇・安曇・厚見・厚海・渥美・泉・
熱海・飽美など、日本各地に地名として、残っています。
滋賀・志賀・有明等の地名も安曇族が入植して、開拓した土地です。
今では、合併で高島市となった旧・高島郡安曇川町も
能登半島中央部の石川県羽昨郡志賀町 
その志賀町にある阿津見も

hatimendaiou4-1.jpg
小説は、ミステリー仕立てになっていて、
最初に主人公の父親が、
魏石鬼岩窟で事故死する場面から始まります。
例によって「行ってみた~い」病が始まり、
「探検ツァー」を企画し、二回ウォークして参りました。
5df66bc3-2.jpg
坂上田村麻呂に討たれた八面大王が
最後に立てこもったとされる魏石鬼岩窟。
安曇野の歴史を語る上で、最重要な場所。
*熊出没注意なので、一人で行かないで、
ウキウキ探検隊を結成して歩きましょう*
スポンサーサイト



コメント
古代を知りたい
「失われた弥勒の手」Tomonさんに勧められて読みましたが、おもしろかった~!!

古代、大陸と半島と頻繁な行き来の中で日本文化が形成されていった、そのことを知れば、アジアは友達の輪!だと思いますけどね。

で最近テレビで聞いて知ったのですが、日本人て、世界一不安遺伝子の割合が高いのだそうです。
で、思ったのですが、
縄文の頃、大陸と陸続きだった頃、てくてく歩いてこの東の端まで来たのでしょうけど、

もしかしたら、大陸で、何か不安を感じて、海のある方へ行けばさらに何かいいことがあるような気がした人が、この日本列島となる地の端っこに集まって来たのかしら。

で、さらにその不安遺伝子をたくさん持っている人は、未来を予測する能力にもたけているんですって。
だから、備えあれば憂いなし、で、東の端の最果ての国にしては、まっとうな国ができたのかな、なんて思ったのですけど。





Dragonさんへ
それは良かったです。
でも、あの本を読むと松本猛さんの辿ったルートを旅してみたくなり、また、悩みがますのです。

管理者にだけ表示を許可する