FC2ブログ

安曇族関係地⑥

2016.10.19.Wed.09:09
★揖保川(いぼがわ)取水口
(兵庫県揖保郡太子町)
孝徳天皇(645年頃か)の頃
安曇連百足がこの地を視察した際に自生する稲穂を見て、ここを開拓することを天皇に進言した。
そこで石見の国(石見銀山、島根県)から職人集団を招き、水路開拓などを行い石海(いわみ)の里(原太子町)を肥沃な地に変えたという。
1jucwijoefw666.jpg
★兵庫県揖保郡太子町
江戸時代には水利権争いが激しく、揖保川から取水して支流の林田川に水を落とし、そこから岩海(いわみ)の里を潤したという。
絵図右下が石海の里(現太子町)
1ijwdeff6666.jpg
★楽々福神社
(米子市上安曇)
米子市の上安曇地区の中央に鎮座する神社。
祭神は、考霊天皇だが、おそらく最初は、鉄の神を祀ったと考えられる。
「楽々」は砂鉄を意味し、「福」は鞴(ふいご)を次々吹く意味である。
米子の日野川流域には「楽々福神社」がこの上安曇の神社をはじめ日南町などに7社もあり、製鉄との関連を想像させる。
3okpscgy6666.jpg
★法勝寺川は赤い川
(米子市)
米子市内を流れる日野川に流れ込む法勝寺川は見るからに赤い。
この上流はかつて砂鉄の産地であったという。
周囲を見渡すと田園地帯のなかに小山が散在する。
当時のこの辺は、入海で、これらの小山は島であったことが想像される。
4uijxqwfrdr6666.jpg



スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する