FC2ブログ

入鹿神社

2014.12.26.Fri.17:44

私達が、学校で教わる「大化の改新」では、悪者の蘇我入鹿の首を中大兄皇子が「エイヤッ !」とばかりにカットばし、入鹿の首がスコーンと宙を舞っていた画が浮かぶ。
img1254870.jpg

こうして改新派の中臣鎌足&中大兄皇子により「日本史上初の悪者」入鹿は討たれ、専横の蘇我本宗家は滅んだ。
中臣鎌足に続く藤原氏はその後栄え続け、中大兄皇子は天智天皇となり、今に繫がる天皇制と古代の政治体制が確立した。
つまり日本人のほぼ全員が知っていいる「日本初の悪者」が蘇我入鹿だ。

ところが、橿原市今井町小網(しょうこ)町の北はずれに入鹿神社がある。

~現地では、この一帯が「入鹿」(蘇我鞍作)の邸宅のあとと伝えている。「日本書紀」に悪逆ぶりを記された入鹿であるの
に、邸宅の伝承と神社が存しつづけることは、それだけで無視し難い気がする。~・・・・「蘇我蝦夷・入鹿」門脇禎二著より

そもそも、大化改新否定論者の門脇氏によると、蘇我氏の方が、当時の先進国であった朝鮮三国の情勢を的確に把握していた国際派だったそうな。
氏によると「入鹿」は実名ではなく、「蘇我大郎鞍作」がフルネーム。
~「蝦夷・入鹿」は蔑称で、公的な文章に用いること次第何等かの意図がある~
国際派超インテリの僧旻(みん)から「吾が堂に入る者に蘇我大郎に如(し)くものなし」(「藤原家伝」)と高い人物的評価を受けていた入鹿は、決して単なる粗暴な悪者ではなかった。
国際派の蘇我氏の意見を聞き入れていたならば、「白村江の戦」のような民を苦しるだけの無謀な海外派兵はしなくて済んだかも。
むしろ、親戚さえも、殺人鬼の如く、殺して殺して殺しまくったのは、葛城皇子こと中大兄皇子。
後の天智天皇である。
私達が「蘇我入鹿」と認識していたのは、実は創られた虚像なのかもしれない。
天武天皇が、兄天智天皇のように、次々に殺人を犯さぬよう考えたのだ。
自分達の正統性を論証する為編纂した「日本書紀」により意図的に入鹿を「悪者」のでは、ないだろうか?

つくづく、歴史は、勝者により創られると感じた。

以前、藤原京跡を古代史ウォークした時はまったく気がつかなかった入鹿神社。
今度訪れた時は、討たれし入鹿に想いを馳せつつ、一人歩きたい。
スポンサーサイト



コメント
悪者は作られる
Tomonさん、古代史ウォーク、楽しい!!

紹介されてる本、端から読みたいです。

で、まったく、権力側が作った歴史書で悪者ぶりがすごいものほど、
権力側の脅威だったってことよね。

そこに敗者の歴史がある。
歴史は複線で見ていかないとね。
HappyDragonさんへ
励ましコメント、ありがとうございます。
毎回、卒論を抱えている学生の気分です。
こうして、編集でき、発表できるって
幸せですよ。

管理者にだけ表示を許可する