FC2ブログ

火祭りの大島を歩く②

2016.08.19.Fri.18:10
大島の集落は、古い養蚕農家の建物が多かった。
83歳の地元の老人と会話をした。
現在、養蚕をしている家は、一軒もないそうだ。

老人が生まれる前から、大島の火祭りは、毎年行われてきたそうだ。

1300年間続いているというこの行事
「約1300年前にこの地を治めていた羊太夫は領民からの信望が厚かったが朝廷から謀反の嫌疑を掛けられて滅ぼされたという伝説がある。火祭りは、領民たちが羊太夫の遺徳をしのび、非業の死を弔うため始められたという。

現在は、同地区住民によってその年にちなんだ事象や願いを込めた文字が当日に決められ、毎年違う火文字が灯される。
今年は昨年の「平」に続き「世の中が平和になりますように」との願いから「和」が選ばれたという。」2016・8・18 東京新聞より


集落には、小間さんという家が何軒もあった。
かつては、高麗さんだったのでは?とつい想像してしまう。

火祭りがおこなわれる高速道の城山北面のすぐ下の温泉、大島鉱泉も小間さんという苗字だった。

大島鉱泉には北向観音平素札所があった。


高速道の城山北面の真下に位置する大島鉱泉
105ooshima01.jpg

人影まばらな大島鉱泉、地元の人が利用するのだろうか?
2a9cec70jkoojgf25.jpg

大島鉱泉には北向観音平素札所があった。

12963254kklghyfh.jpg

スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する