FC2ブログ

福井県①小浜市若狭小浜八幡神社

2016.04.28.Thu.14:33
言葉の語源 その103
皆さん、福井県と言ったら何を思い浮かべますか?東尋坊、越前ガニ、越前和紙、恐竜博物館・・・色んな観光地や名産品に富んだ福井県、実は県全域おいて渡来人の痕跡が色濃く残っている所でも有名で、この渡来人達はかつての都である奈良にも深く関係しておりました。その事を含め、今日から数回にわたり福井県の語源話をしていきたいと思います。
皆さんは福井県南部にある小浜市(おばまし)をご存知でしょうか?「オバマ」と言う事だけで、アメリカのオバマ大統領就任の際に、長崎県雲仙市小浜町と共に町興しをしようと一躍注目を浴びた町です。
さて、この小浜市のJR小浜駅から西に400mほど行くと「八幡神社(通称:若狭小浜八幡宮)」があります。八幡神社と言えばどこの町にもある珍しくない神社ですが、この八幡神社には1585年に書かれた大変興味深い社宝の古文書、「禁制状(禁止状)」が残されております。その内容は、下記の通りです。
八幡宮 禁制
一、 当社 并限 末社新羅敷地競望事
一、 社内放飼牛馬致狼藉之事
一、 神前崩石蔵伐採竹木事
第一番目の禁制文を現代風に訳すと「八幡神社と末社新羅神社の敷地に、勝手に手を付けてはならない」と言う意味で、当時小浜市のどこかに末社(会社で言う孫会社みたいな物)である新羅神社があったようですが、現在場所は確認出来ておりません。
色々と調べてみると、何年か前までこの神社の境内社に「新良伎神社(しらぎじんじゃ)」がありました。実はこの新良伎神社が禁制状の新羅神社の事のようで、別の場所から八幡神社の境内に遷されたのではないかと思われます。この事を八幡神社の方に聞いてみたら、現在新良伎神社は無く、元々あった境内にある末社の「高良神社(こうらじんじゃ)」に合祀されたようです。
ここに出てくる「新良伎(しらぎ)」の語源が、「新羅」であると言う事はもうお分かりですね。ちなみに高良神社はその本宮が福岡県久留米市にあり、「高良」の語源は「高麗(高句麗)」にあります。
実は福井県の南部、若狭町と小浜市一帯は昔、若狭国(わかさのくに)と言われ、新羅渡来人が多く入植した地で、この八幡神社はかなり古い時代からあり元々小浜宮(おばまぐう)と呼ばれておりました。神社発行の神社由来書によると西暦770年には既に存在しており、九州の宗像大社の宗像三女と言う3柱の姫神が祀られているところから、この小浜宮は元々新羅渡来人が祀った神社だと言う事がわかり、後に八幡神社になったと言う事がわかります。だから八幡神社の末社が新羅神社(新良伎神社)なんですね。
今日の語源話はいかがでしたか?
次回は若狭の地名の語源を含めた面白話をご紹介しようと思います。
ではまた次回・・・

10710268_10208281027895377_8742432784400402691_o.jpg
12891600_10208281027775374_6640061114226422318_o.jpg
12961249_10208281027815375_5422737657232622444_o.jpg" />
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する