FC2ブログ

貫前神社の古代の神

2016.01.20.Wed.13:11
1525134_10202300036574332_73006284_n.jpg
金浩さん
地図-群馬県富岡市-2006
群馬県富岡市
000292257富岡製紙場
富岡製紙場

fdc22_16_1403509903.jpg

皆さん、群馬県富岡市の富岡製糸場が世界遺産に登録されたのはご存知ですよね。富岡市は群馬県の南西部に位置し、古くから養蚕織物の町として有名で、近代は生糸生産が盛んでありました。今日はこの、富岡市にまつわる語源のお話をしたいと思います。

富岡市を中心として甘楽郡甘楽町と下仁田町一帯は古代、「上野國甘楽郡(かみつけのくにかんらのこおり)」と言う地名でした。1954年以前の富岡市は「甘楽郡富岡町(かんらぐんとみおかちょう)」と呼ばれ、1954年に周辺の村と合併し富岡市となり、2006年には旧富岡市と旧甘楽郡の一部が合併し、現在の新しい富岡市になりました。

現在、「上野國(群馬県)一之宮」として、富岡市には「一之宮貫前神社(いちのみやぬきさきじんじゃ)」が鎮座しております。この神社には興味深い神様が祀られております。祭神は、「経津主神(ふつぬしのかみ)」と「比売大神(ひめおおかみ)」の二柱ですが、「経津主神(ふつぬしのかみ)」は後から合祀された祭神で、元々は比売大神だけが祀られておりました。興味深い神様はこの比売大神の事ですが、読んで字の如く名前のない比売(姫)とだけ呼ばれる女神なんです。いったいこの比売大神はどんな神様なんでしょう?

神社で一般的に一之宮とは、その地域で一番くらいの高い神社の事を言いますが、ここ貫前神社は元々、上野國(群馬県)一之宮ではなく二之宮(にのみや:2番目)でありました。前橋市にある「赤城神社(あかぎじんじゃ)」が元々一之宮でしたが、なぜこの神社が一之宮になったのかと言いますと、昔、朝廷に絹の織物を税の代わりに献上しなくてはならなかったのですが、赤城神社は物資が不足していたので、貫前神社の比売大神にお願いして代わりに献上してもらいました。その絹の織物の出来があまりにも素晴らしく、貫前神社が一之宮に格上げされたそうです。実はここ甘楽郡(富岡市一帯)は織物の産地であり、この比売大神は織物の女神様だったんです。

さらにこの「甘楽郡(かんらぐん)」は元々「甘良郡(からぐん)」と呼ばれ、さらにさかのぼれば「韓良郡」と言う字を使っておりました。ここの民は養蚕織物、麻の織物、製鉄、焼物技術が優れており、特に養蚕織物と製鉄は群を抜いていたそうです。もうお分かりですね。ここの民は朝鮮半島南部の古代国、加羅の渡来人が開拓した地なので「韓良郡」と言う地名になりました。つまり貫前神社の比売大神は、加羅(伽耶)の渡来人が祀った織物の女神様で、この渡来人達の織物の技術が長けていたので、二之宮だった貫前神社が、一之宮に格上げされたんですね。ちなみに、二之宮赤城神社も「からやしろ(韓社)」と呼ばれ、加羅(伽耶)渡来人が祀った神社だそうです。

話を整理すると、韓良郡 → 甘良郡 → 甘楽郡 → 富岡市、甘楽郡甘楽町、甘楽郡下仁田町になるんですね。そして冒頭に紹介した世界遺産の「富岡製糸場」、そこには伽羅の渡来人がもたらした織物技術の歴史が根底にある、つまり製糸の技術の元祖は渡来人なんですね。一説によるとここの渡来人は、秦氏の氏族、つまり加羅系新羅の渡来人だとも言われておりますが、その続きはまた次回にしたいと思います。最後に、富岡市を流れる河川名を「鏑川(かぶらがわ)」と言いますが、これも「韓(から)」が語源だと言われております。

群馬の冬は空っ風(山からの吹きおろし)が強く冷え込みます。今宵は下仁田ネギのネギ焼を肴に、芋焼酎のお湯割りで身体を温めたいと思います。
ではまた次回・・・

10847688_10205115242232714_4526592899759692368_o.jpg
一之宮 貫前神社
スポンサーサイト



コメント

管理者にだけ表示を許可する