FC2ブログ

帰化人

2020.05.13.Wed.08:58
【7days Book Cover Challenge 】
7日連続して、自分の好きな本のカバーをアップ。
2日目 

帰化人

金達寿(キムタルス)とよく鼎談をしていたのが、上田正昭(京都大学名誉教授・故人)だった。

それまでの記紀の研究から 古代を読み解くだけではなく「東アジア」という視点から古代を研究した日本古代史の第一人者。
その上田教授によると朝鮮半島からの渡来は、重層的で主に四回であったという。
この国において最初に文字を使用し、稲作技術を伝え、土器・鉄器を製造し、機を織り、仏教・儒教を伝え、仏像を彫刻した。
古墳も神社も朝鮮半島から来たのだ。
その人々を「帰化人」と「日本書紀」では記述しているが、少し前の「古事記」では、「渡来人」と記述している。
絶対的な権力に帰属するのが、「帰化」であるのだが、当時の日本はそのような権力はまだ存在しなった訳で「渡来人」の方が正確ではという上田教授の学説から教科書の記述の「渡来人」に変化していった。
東アジアの古代史の研究から親善外交の雨森芳洲を発掘し世に送り出したのも上田教授の功績の一つと云える。

上田教授が70代の頃 ネットで検索していたら、ある記事を発見した。
それは 京都のある公民館で上田教授が在日のおばあさんたちに渡来の歴史を講義していたのだ。
「祇園祭の始まりも 嵐山の渡月橋も 広隆寺も 今日の観光都市京都の基礎を築いたのはみんな あなたたちの祖先の技術と労働の成果なのですよ。だから 自信をもってください。」とおばあさんたちに語りかけ、その後 みんなで 市内をバスツァーしたという記事でした。
こんな学者がいたのか! と私は感動したのを覚えている。

受験用の歴史教育ではなく、上田史観を学びたい。
自分の中に巧妙に刷り込まれたアジア蔑視の学校の歴史教育を乗り越えたい!と痛感しました。

「上田正昭といったら「帰化人」だよ。一世を風靡した古代史のベストセラーである。」と亡父も生前言っていた。

そんな亡父の本棚の「帰化人」は、今は私の本棚に並んでいます。

96377526_2540135566316542_8689730996095942656_o.jpg

スポンサーサイト



日本の中の朝鮮文化

2020.05.12.Tue.11:21
【7days Book Cover Challenge 】
7日連続して、自分の好きな本のカバーをアップ。
1日目 

1974年 高校時代 修学旅行で初めて京都奈良を訪れた。
進学校の劣等生の私は、日々苦痛に耐え怠惰な生活を送っていた。
が、この時訪れた奈良は高校時代最大の衝撃だった。
日本人の原風景のはずの奈良・明日香村・中宮寺の弥勒菩薩・法隆寺の百済観音像にすっかり魂を鷲掴みにされてしまった。
底知れぬ歴史を秘めた微笑の仏達。
生まれて初めての衝撃だった。

が、その後の受験戦争 マンモス大学での空虚な学生生活 結婚 出産 資格試験 仕事とあの時の衝撃に向き合う暇もなかった。
2000年 私は突然 韓国に行くことになった。長男の入学した高校が韓国の高校と交流があり、親同士もPTAで事前に交流旅行をすることになっていた。校長の講演会を聴講に行った夫が勝手に申し込んでしまったのだ。
その時私が云った言葉を今でも覚えている。
「韓国なんて一番興味ないわ。行くならイギリスよ。」当時 リンボー先生シリーズを眠る前に読むのが 唯一の生きがいだったのだ。
が、せっかく行くなら事前学習しようと、戸田書店にいった二冊の文庫本を買った。
茨木のり子の「ハングルへの旅」と金達寿(キムタルス)の「日本の中の朝鮮文化」だった。
この二冊で 人生開眼。
本棚の本が ガラリと入れ替わった。
それ以降 恋愛小説 ベストセラー本 が本棚に並ぶことはなくなった。
そして、今までの受験用の歴史ではなく 京都大学系の反権利の本当の歴史学者と出会って韓来文化に魅かれ続けている。(かなり、独断と偏見に満ちた表現です。)
そのきっかけになった金達寿は、亡き父親の本棚にも並んでいた。
中国韓国台湾をこよなく愛して旅していた父親も金達寿を愛読していたようだ。



95948716_2536650953331670_3905152293233754112_n.jpg
95505320_2536651059998326_6992723481108414464_n.jpg