FC2ブログ

女帝の記1~4 

2019.01.26.Sat.16:07
ダウンロード125486
孝謙・称徳天皇物語
女帝の記
①まほろば光明皇后
②たゆたひ聖武天皇
③うつせみ藤原仲麻呂
④たまゆら道鏡

高校までの日本史の知識で 聖武天皇と光明皇后がどちらも藤原不比等が叔父だったり、父親だったりしたと認識していた受験生は何人いるだろうか?
私も多分、知らなかったと思う。

~奈良時代、天平年間。
藤原氏は朝廷内で確固たる地位を築きあげようとしていた。そんななか、聖武天皇と藤原氏出身の光明皇后との間に生まれた娘、阿倍内親王は、幼い弟を失い、ただ一人の藤原直系の内親王となる。
一族より天皇を輩出することを画策する藤原氏は、あらゆる手を使い、阿倍内親王を史上初の女性皇太子に仕立てる・・・・・。初めは藤原氏の傀儡として、二度目は自らの意志で天皇となった天平の女の一生涯。~裏表紙

以下は、私の感想 

🌸長屋王の変→基親王を呪い殺したという疑いをかけられて、自殺。
安宿(のちの光明子)は、皇族出身者以外ではじめて皇后になった。
「前例がない」と光明子の皇后化に反対していたのが、長屋王だったそうだ。→ビックリ!

🌸日曜美術館などを見ていると、光明皇后の剛毅な筆跡から 光明皇后に魅せられている文化人は多いことがわかる。
光明皇后の功績は、多々あるけれど、まず第一に聖武天皇の遺品を正倉院に納めたこと。
そのおかげで、今日私達が奈良時代の宝物を見ることができる。
貧しい病人に治療を施す施薬院
養護施設と養老院の役割をする悲田院
などの福祉施設をつくったことは、画期的だった。

🌸光明子の娘 阿倍は、弟の基の死により、女性天皇に。

🌸母親光明子と玄ぽうの関係にドキッとする。
こういう性的な関係は、あったのだろうか?

🌸10年以上前、一人で平城京跡を歩いていたら、法華寺の裏に、当時のままの崩れかけた土塀の海竜皇寺を発見して、感動した。
玄ぽうは、光明子と繋がっていた。
どういう繋がりかは、分からないけど、その繋がりが歩いたら体感できたのだ。

🌸また、吉備真備もこんなポニョポニョしたおじさんではなかったのでは。
当時の超一流の国際人で、骨格のしっかりした天才だったはず。
理系も文系もバッチリの空海みたいなタイプの人。

🌸道鏡と阿倍の恋→道鏡もかなり素敵な人だったはず。
権力欲よりも孤独な女皇を助けたかったのだと思う。

🌸その阿倍 後の孝謙重祚して称徳天皇は、天皇ゆえに結婚することはできない。
藤原仲麻呂について、あまり文献がないので、阿倍との関係はこういうことだったのか と納得。

天上の虹よりも より一層史実に基づいていて、面白い。





スポンサーサイト



天上の虹1~11

2019.01.25.Fri.08:55
9784062606820.jpg
奈良時代の歴史上の人物を肉眼で見た人は、誰もいない。
各自の想像に任されている。
里中さんは、こうイメージしたのか と大変 参考になった。
歴史が苦手な人も史実に基づいた恋愛マンガなので、一気に読める。

天智の母親の皇極重祚して斉明天皇は、もっと骨太の恐ろしいおばさんだったような気がする。

しかし、天智の娘が4人も天武の妻になっている。
かなり異常な近親婚の世界だ。
マンガを離れて、少し冷静になってみると、かなり気持ち悪い。
人権意識の確立された現代人には想像できない古代の天皇家
その異常な天皇家を皮膚感覚で体感できるこの漫画は、やはり優れものだと思う。

有間皇子と大津皇子の死刑への悲劇も描かれている。

しかし、私は 皇極重祚して斉明→天智→持統 は、殺人鬼だと思っている。
自分の地位を確保する為に 殺して殺して殺しまくった殺人鬼。
そのDNAが、天智にも 娘の持統にも脈々と流れている。

この漫画にも描かれているが、天智は嫁の遠智娘(おちのいらつめ)の父親・蘇我倉山田石川麻呂を殺している。全くの無実の人を、謀反の疑いで、焼き討ちにしてしまった。それが、原因で遠智娘は、発狂してしまう。幼いころ頃から、このような悲劇を見て育った遠智娘の娘・持統も夫 天武が死ぬと姉大田皇女の優秀な息子・大津皇子を謀反の疑いで殺してしまう。

こういう悲劇を繰り返さない為に 天武は仏教を取り入れて、豪族を支配しようとしたのではないか?
天武には、そういう支配者の知恵を感じる。
が、私は基本的には 天皇制は廃止の方向を希望している。




いつもバックの中に携帯してる本 

2019.01.24.Thu.09:01
9784061857735_w.jpg
学生時代に 歴史の授業が嫌いだった。
受験用の暗記が 苦手だったから。
でも、金達寿や上田正昭らの好きな学者の本を読んで、その関連地を旅することが生きがいになった。
そして、自分の記憶保存用に このブログを始めた。
2011年 3月に実父が死んだ。
その父親の本棚の中のこの本と出合ったことは、一つの幸運だった。
時代順に旅するスタイルで、古代~奈良時代までの歴史紀行記。
あまりの楽しさに5冊買って、一緒に旅した人達に贈ったほどだ。

日本史が苦手。奈良時代が分からない。
などなどで、お悩みの人にお勧めです。
この本の順番通りに、旅に出られたら、最高です。
第一話は「対馬の栄光と挫折」と、対馬から始まります。


裏表紙には
~鉄道と時刻表に興味を抱く旅行作家の著者が、日本の歴史をその歴史の成り立つ順に史跡を求めて旅する。「魏志倭人伝」に紹介された対馬から、道教左遷の地・下野薬師跡まで、約500年の古代日本史上の現場に立ち、歴史上の舞台となった場所を実地検分したうえでの「臨場感のある歴史」をここに再現する。~

和歌山・奈良2018秋旅 

2019.01.10.Thu.09:46
2018  11.11~14秋の一人旅日記

知人が和歌山の粉河に引っ越した。
夫さんが定年になり、夫さんの実家に夫婦して引っ越した訳だ。
一度 行ってみたいと思っていてたが 粉河は遠かった。

しかし、知人のSさんが運転上手な旅友Mさんと粉河に行くので、一緒にと誘ってくれたのでお願いすることにした。

粉河に行く時は、ぜひとも藤白の坂の有間神社を訪ねてみたかった。
しかし、時間の関係であえなく却下。

しかし、粉河知人宅一泊後は、私は一人で古代史ウオークすることができた。

11月11日 日曜日 地元→和歌山県 粉河寺→Kさん宅

Sさん宅へ午前6時集合
運転サクサクのMさんのおかげで 粉河へ
IMG_20181111_092544.jpg
 kさん宅のお庭 ミカンがたわわに実っていた。
IMG_20181112_063651.jpg
Kさんご夫妻の心尽くしの朝食 
IMG_20181112_071814.jpg
11月12日  粉河駅→五條駅→駅観光センター→約2キロ栄山寺八角堂→ランチ(牛丼ミニ)→五条新町→御霊神社→五條駅→奈良ホテル泊

みんなとお別れして、一人粉河駅へ
これから 人生初めて、和歌山線に乗る。
ワクワクする。
車窓から見える重厚な大和棟造りの家並みが素晴らしかった。
本当は、一駅一駅降りて歩きたかった。
一度歩いてみたかった念願の五條駅で降りた。
彫刻の先生から
「天平建築の最高傑作で奇跡的に保存がいいのに、誰も行かない寺がある」といつも聞いていたので、
一生一度のチャンスと思い、栄山寺八角堂を目指した。
五條駅
IMG_20181112_091818.jpg
栄山寺八角堂
英山寺八角堂へはこちらへ
お堂の中に入ってみると1300年以上経っているのに 檜の香りがした。
古代工人の技術力に感動した。
s47473920_2129113194085450_5475334268693512192_n.jpg
江戸時代のままのような五條新町
重厚な大和棟造りの家並みが続いていて、気持ちよく歩けた。
s48376164_2134548640208572_7512245233493475328_n.jpg
五條新町の観光センター
学芸員氏とトークしたら、
御霊信仰が盛んで、何でも御霊神社が28もあることがわかった。
s48368749_2134548846875218_650819778797109248_n.jpg
吉野川がゆったり流れていた。
48392708_2137238966606206_4083386044379037696_n.jpg
そこから 御霊神社へ
御霊神社へはこちらから
当時の都から遠く離れた場所に 天皇制の犠牲者達の霊が、斎、祀ってあった。
聖武天皇も桓武天皇も歴史の表舞台に現れた歴史上の人物。
しかし、その人達の陰で、歴史の闇に葬られた人々がいた。
s48377332_2137239203272849_2552560761218007040_n.jpg
11月13日
奈良の駅前ホテル→入鹿神社→今井町→ランチ(ラーメン)→神武天皇陵→樫原考古学研究所付属博物館→奈良ホテル

近鉄の大和八木駅から真西に600メートル 小綱町の住宅地の中に入鹿神社はあった。
古代史上の最大の逆臣とされる蘇我入鹿であるが、門脇貞二氏の説では、頭脳明晰で開明的な国際派であったという。今では、その頭脳明晰さから受験の神様として、地元の人々に信仰されていることが分かった。
私はこの入鹿神社が古代史ファンの聖地になることを望んでいる。
46456423_2118042635192506_7397381534367350784_n.jpg
江戸時代の重厚な大和棟造りの家並みが残る今井町を歩いた。
ヽ(^。^)ノ
k003_00.jpg
今井町を後にして、歩いているうちに 神武天皇陵に着いてしまった。
神武天皇陵の歴史
帰ってきてから、その歴史を知ることになった。
132055911154813220793_IMG_0012.jpg
橿原考古学研究所付属博物館
ボランティアガイドさんと話が弾んで、長居してしまった。
caption12584.jpg

11月14日
奈良の駅前ホテル→宗我都比古神社(近鉄大阪線・真菅駅)→松塚駅→百済の里・百済大寺(北葛城郡広陵町百済)→ランチ(お好み焼き)→秦楽寺(田原本町秦庄)→奈良駅前夕食→夜行バスにて帰郷→4時に地元停車場へ


真菅駅で降りた。
IMG_20181114_094113.jpg
駅のすぐ近くに宗我都比古神社はあった。
IMG_20181114_094259.jpg
古代に蘇我氏の本拠地だったのではないか。
IMG_20181114_095415.jpg

松塚の駅で降りた。誰もいない。バスもこない。
IMG_20181114_100932.jpg
葛城川に沿って、ひたすら北上した。
IMG_20181114_103349.jpg
やっと百済の里に着いて感動。
百済の里はこちらへ
IMG_20181114_113618_BURST001_COVER.jpg
百済大寺
IMG_20181114_115942.jpg
100円で乗れる循環バスがあることがわかった。
IMG_20181114_124040.jpg
近鉄田原本線の箸尾駅まで乗って、広陵町元気号とお別れした。
IMG_20181114_125138.jpg
近鉄田原本線の箸尾駅から終点の西田原本で降りた。
IMG_20181114_125800.jpg
西田原本のお好み焼き屋さんでランチした。
美味しかった。
IMG_20181114_134607.jpg
近鉄橿原線の笠縫駅で降りて、田原本町の秦庄を歩いた。
IMG_20181114_142214.jpg
秦楽寺へ
秦荘の秦楽寺はこちらへ
IMG_20181114_143646.jpg
阿字池
IMG_20181114_143300.jpg

近鉄の前 行基さんにお別れをした。
IMG_20181114_163617.jpg
近鉄の入り口付近 虹が出た。やっと終わった旅、無事に帰ろう。
IMG_20181114_163548.jpg
夜行バスが奈良駅に来る8時まで、タップリ時間がある。
以前 泊まった奈良駅近くのウガヤゲストハウスに行ってみた。
まだ、やっていた。
このウガヤゲストハウスが奈良駅周辺の第1号のゲストハウス。
確か時計店だった。今は ゲストハウスの数も増えた。
IMG_20181114_172009.jpg
夜のウガヤゲストハウス。
IMG_20181114_171951.jpg
ウガヤゲストハウスに泊まった時に入った銭湯。
超熱くて、入れないほどだった。
IMG_20181114_171748.jpg
8時5分ピタリに夜行バスが来て、無事、帰還。
いつものように夜行バスは一睡もできなかったが、大満足。
楽しかった!