FC2ブログ

世界遺産富岡製紙場について考えた・・・・

2017.02.20.Mon.14:42
2月の日曜日、富岡製紙の周辺を散策してみた。
世界遺産に登録されてから、観光バスが何台もやってくるようになった。
電車で来て、駅から歩いている人も見かける。
商店街には、お洒落な店もチラホラ出てきた。
「はい、いらっしゃい」の掛け声もかけられ、にぎやかになってきた。
しかし・・・・
人々は、一体何を求めて、此の地に来るのだろう?
世界遺産に登録され、テレビで繰り返し何度も報道された場所に一度は行ってみたいのか。
そうしたマスコミによってつくられた「観光」をして満足なのだろうか?

そもそも明治時代の官営工場の「建物」に、本当に興味を持っている人は、一体何人いるのだろう?
と常々疑問に思っていた。
8cc4449abd0201adf63078eb06e6c47a.jpg
富岡製紙近くの住宅地を歩いていたら
住宅地の中に細い参道のあるお寺を発見。
海源寺
s2017-02-17 005
初めてのお寺だ。
地元の住民でなければ、気がつかないだろう。
s2017-02-17 11003
意外な発見があった。
富岡製紙の工女と工夫のお墓があったのだ。
「工女のお墓のあるお寺」龍光寺には、何度もいったことがあるのだが・・・
富岡市内にもう一か所あるという「工女のお墓のあるお寺」はここだったのか・・・
s2017-02-17002.jpg
昨年富岡製紙場内を有料ガイドさんに案内してもらった時は
「こちらは 官営工場で士族の娘さんが集まったので「あゝ野麦峠」のような悲劇はありませんでした。」と言っていたが。
実際はこの説明板にあるように60人も亡くなっていたのだ。
s2017-02-1702.jpg

51NMKcfX5dL001.jpg
現在は出版されていないが、高瀬豊二著の「異郷に散った若い命」という本がある。

☆9歳で死亡も
著者の高瀬豊二さんは戦前、治安維持法違反で投獄され、そのときの病気がもとで戦後右足を切断。
66年から3期12年、日本共産党市議として活動。
その間、製糸場創立100年に向け「長いあいだ心の一隅にひめていた工女の墓の調査をはじめ」ました。
富岡市史編さんにかかわり、91年に79歳で亡くなりました。
高瀬さんの調査では官営時代に亡くなった工女は56人。
富岡市の龍光寺と海源寺にある墓石は50基。
最も多い年が1880年(明治13年)の15人。
募集要項は「15歳から」なのに過去帳では9歳、13歳を筆頭に20歳までが31人。
出身県の最多は滋賀県の21人。
高瀬さんは、9歳10カ月の娘が、滋賀県から両親の手を離れて富岡の地に来てひとり寂しく死んでいったことなどに思いをはせ「文字も消えかかった墓石の傍にたつとき、一掬の涙なきを得ない」と書いています。

☆人間を書いた
開業時全国から窮乏した士族の娘を中心に400人以上が集められました。当時は鉄道もなく、徒歩、馬、かごでした。長野県の松代から富岡まで4日かけたという記録があります。
亡くなっても引き取る人はなく、同僚480人がお金を出し合い5人の工女の墓を建てた記録も残っています。
「故郷を思い、父母を思いながら死んでいった」と高瀬さんは書き、「日本資本主義発達のいしずえとなった」と工女たちに思いをよせています。
後の『女工哀史』にふれつつ、官営時代について「記録にあらわれた限りでは、その後に続く時代よりもよい労働条件だったといえるようだ」とのべています。
実行委員の一人、日本共産党の甘楽町議山田邦彦さん(56)は「高瀬さんは、そこで生きた人間を書いた。涙を流し、汗を流した人間がいたということだ」といいます。
この日の集い出席者は、高瀬さんの調査の模様を「自転車に乗ってこつこつと調べていた。すごい人だよなあ」などとしのんでいました。
詳しくはこちらへ

長野県松代出身の和田英さん
「富岡日記」を書いた。
kinu02171258khff.jpg
富岡日記はこちらへ


☆「理不尽」許さない女性群像
富岡製糸場の世界遺産登録に寄せて/米田佐代子

群馬県の「富岡製糸場と絹産業遺産群」が、近代日本の産業遺産としては初めてユネスコの世界遺産に登録されることになった。
注目されるのは、決め手となったイコモス(ユネスコの諮問機関)の報告が、近代産業の貴重な遺構への評価とともに、「女性たちの指導者あるいは労働者としての役割」や「労働者の労働環境・社会的状況についての知見を増すこと」を勧告し、近代日本の女性労働の歴史に関心を持つよう求めた点である。

☆「富国強兵」と「生糸と軍艦」
1872 (明治5)年に開業した官営富岡製糸場では、当初エリート技術者養成の目的もあって「工女」には士族出身者も多く、当初は週休や8時間労働が保障されていた。
しかしまもなく労働条件は悪化、民間払い下げ後の1898 (明治31)年にはストライキも起こっている。
全国から集まった工女たちのなかには「15歳以上」という募集条件に満たず、10-12歳ぐらいの少女も少なくなかった。
入場後間もなく脚気になって歩けなくなり、同郷の工女の看病で入院生活を送った工女もいる。(上条宏之著『絹ひとすじの青春』)
「進取の気概にあふれた富岡製糸場」(藤岡信勝者『教科書が教えない歴史』)と持ち上げるだけではすまない現実があった。
各地の民間製糸場では、山本茂実著『あゝ野麦峠』で知られるような長時間労働や罰金制度などが横行したことも事実である。
なによりも明治政府の近代化=殖産興業政策は、日本がアジアの強国をめざす「富国強兵」の柱でもあった。。「生糸と軍艦」といわれたように、生糸は輸出の花形として外貨を獲得、それが洋式軍艦の輸入をはじめ巨額な軍事費の原資になったのである。
しかし、当時の工女たちの実態を「哀史」とみるだけでいいか。
指摘したいのは、彼女たちが労働のなかでつちかった「納得できないことには黙っていない」という精神である。
長野県松代出身の横田(和田)英は、後に当時の思い出を『富岡日記』に書くが、仲間とともに助け合いながら技術習得に「一心に精を出し」、時には差別的処遇に抗議の声をあげ、「野中の一本杉のように」まっすぐ生きたと語っている。
松代帰国後は近代的製糸場開設に力を尽くし、在来工法に固執する人びとに向かって堂々と自説を主張したという。


☆人間としての「めざめ」を今
こうした精神は富岡工女だけでなく、各地の民間製糸場で働く貧しい農村出身の工女たちの間にも生きていた。1886 (明治19)年、山梨県甲府の製糸工場主が連合して一方的に労働時間延長や貸金切り下げを強行した時、市内雨宮製糸では100余名の工女たちが「雇主が同盟規約という酷な規則を設けわたし等を苦しめるなら、わたし等も同盟しなければ不利益なり」と近くの寺に立てこもって「同盟罷工(ストライキ)」を決行した。
労働組合もなく指導者もいない時代に、同じ器械で糸をとる少女たちが自主的に団結して「理不尽」とたたかったのである。
今回の世界遺産登録を機に、近代日本の黎明期を生きた女性労働者たちの「人間としてのめざめ」を思い起こすことは、時代は違うが今もブラック企業や不当解雇に苦しみながら働く女性たちにとっても、大きな励ましになるのではないだろうか。
(よねだ・さよこ女性史研究者)
(2014年07月01日,「赤旗」より)

~こういう地元の良識のある研究者や市民の声が反映されているとは思えない。

海源寺西側の入り口
s2017-02-0055.jpg
細い道を下っていくと鏑(かぶら)川にかかる細い橋を発見!
車は入れないので、地元の人が買い物や通学・ウォーキングに利用していた。
こういう橋をウォーキングコースにできる人が羨ましい。
s2017-02-18 0011
「神田水道橋」という橋の名前
s2017-02-18 0022
そこから、眺める富岡製紙工場の煙突が遠くに小さく見えた。
あの煙突からモクモクと煙が上がっていた時のことを想像しながら、
この散策コースをまた歩こう。
s2017-02-18 0044


スポンサーサイト

かみつけの里を歩く④

2017.02.17.Fri.13:09

ダウンロード12584658lkihg

全国で多数、巨大古墳が発掘されても、豪族の居館の遺構は発見されなかった。
それが、1981年に・・・
上越新幹線建設にともなう発掘調査で群馬町大字三ツ寺・井出地区周辺の「島畑(しまばたけ)」を掘ってみたら・・・
「島畑(しまばたけ)」を掘る
その地点は、猿府川という小河川がちょうど屈曲する部分にあたり、川が形成した狭小な谷底平野には水田が営まれていた。
水田の中には、一辺90m、高さ2mほどの方形の高まりがあり、畑や桑畑として利用されていた、地元の人たちはそこを「島畑(しまばたけ)」と呼び慣わしていた。
中略
すなわち、大規模な掘をめぐらせた中に90m四方ほどの人工的な高まりを設え、その上に建物、柵、祭祀の施設などを有機的な関係をもって配した類型のない巨大遺構であることが明らかとなったのである。
調査担当者は、こうした計画的な大規模施設を古墳時代のと首長(豪族)にかかわる居所や祭祀の場所と考えるほかにないとの結論に達した。
「わが国ではじめての古墳時代の豪族居館」として三ツ寺Ⅰ遺跡の発見は大きく報じられた。
「古墳時代の地域社会復元・三ツ寺Ⅰ遺跡」若狭徹著より

新幹線高架下の三ツ寺Ⅰ遺跡案内板
s2017-02-14 0125kijg

ブルーシートで覆われている残念な現状・・・・
この豪族居住跡も是非復元して欲しい。
s2017-02-14 01kijg

img12584nnjk12.jpg
三ツ寺1遺跡
古墳の主と思われる豪族の館
保渡田古墳群から南東約1キロ付近では、上越新幹線の建設に伴い、豪族の館が発掘されました。一辺が86メートルの方形を取り囲む、幅30メートル、深さ4メートルの堀を持つ巨大な邸宅跡は古墳時代のものと考えられ、保渡田古墳群に葬られた王族の館だといわれています。5世紀後半に隆盛を極めたこの王家は、榛名山の2度の噴火によって、転居もしくは衰退したと思われます。
(高崎市HP)


☆小さな猿府川
s2017-02-14 000124
s2017-02-14 000125

☆すぐ近くに唐沢川
s2017-02-14 000126

九州国立博物館②

2017.02.17.Fri.09:07
高宮祭場
祭祀を行ってた場所です。
16603048_10210877590247813_396669447230823790_n6.jpg

宮地嶽神社楼門
16473971_10210877590527820_7393386013450994134_n7.jpg

宮地嶽神社拝殿
しめ縄は日本一だそうです。
16425892_10210877591487844_4007845143111210919_n8.jpg

宮地嶽神社にある不動神社
実は古墳です。
16463049_10210877590927830_3742073011601456613_okk.jpg

有働神社の内部。
古墳の石室です。
16473071_10210877590567821_4372272347943566188_n9.jpg

古墳の出土品
16425822_10210877587607747_4880004078106538061_n10.jpg

古墳の出土品
16508790_10210877587687749_5554996114804009960_n (1)11

古墳の出土品レプリカ写真
2.6m~3mある太刀です。
16508489_10210877588367766_6310566268853357295_n12.jpg


古墳の説明板
16473745_10210877588607772_7381388276605140217_n14.jpg


桜が満開でした。
開運桜と言います。
16508919_10210877591287839_4820907090332909454_n15.jpg

CMで有名になった参道。
海まで一直線。
16427376_10210877592087859_2009296422033951182_n17.jpg

企画展示の出口で売ってた本を大人買い!!
金達寿先生の本も売ってました。
16473079_10210877592247863_8253706707583189833_n.jpg

宗像大社の福みくじで当たりました。
14等のぬいぐるみ!!
16508148_10210877592807877_1787835895510781142_n18.jpg

九州国立博物館①

2017.02.17.Fri.08:45


昨日は朝一番で福岡にて仕事を終えて、その後はフリー!!
かねてから行きたかった、九州国立博物館での企画展示と常設展示ブースでのミニ限定展示を観てきました~~~!!
もう、朝鮮半島のお宝満載!!
すんばらすぃ~~~!!
企画展示室の出口には、金達寿先生の本が売っているではあ~~~りませんか???
展示関連本と歴史本を大量購入!!
その後はその展示物の元の神社、「宗像大社」と今話題の「宮地嶽神社」そして「宮地嶽古墳」、朝鮮半島の馬具が出土した九州道古賀インター裏の「船原3号古墳」見学と、ガッツリ歴史散策!!
久々に出かけると、いいもんですね~~~!!
もう、朝鮮半島のお宝沢山観てきたし、宮地嶽神社では満開の桜「開運桜」も見れたし、もう満足~~~!!
宗像大社では副賞付のおみくじ「福みくじ」を引いてきました。
なんと、一等はルンバ、二等はトースター!!
自分は・・・
出た~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!
14等の酉年ぬいぐるみでした・・・
ま、14等だけど結構上の方なので良しとするか~~~!!
今年年男の自分、このぬいぐるみを祀って、無病息災、家内安全、商売


九州国立博物館企画展示
宗像・沖ノ島と大和朝廷
16463395_10210877588887779_6270852256813536514_o1.jpg

企画展示にあった「宗像大社」
16427393_10210877589207787_278697774367604713_n2.jpg

宗像大社本殿
16473341_10210877589887804_2791157011205069664_n3.jpg

宗像大社は国指定の重要文化財です。
16473047_10210877589327790_4870411870420386825_n4.jpg

宗像大社の祭祀場案内板
16427402_10210877589967806_1730463832192382560_n5.jpg

上里見 間野集落へ②

2017.02.15.Wed.12:24
何年か前に知人と倉渕村に行く時にこの道路を走った記憶がある。
その時からこの集落は気になっていた。
何故か私にとって魅力のある集落だった。
それが、偶然にも羊太夫伝承の関連地だったのだ。
石尊山から続く里山の為にいつも日蔭の暗い土地。
県道48号線沿いに古い農家や人家があり、昭和の時代にタイムスリップしたような気がする。
s2018-02-11 0001
古墳かと思ったら違った。
s2018-02-11 0007

s2018-02-11 0008

梅の木の根元に藁を敷いていた。
こういう丁寧な仕事に感動する。
s2018-02-11 0006
s2018-02-11 0002
s2018-02-11 0003

これは、凄かった。
また、見たい・・・
s2018-02-11 0005

帰ろうとおもったら、ヒョッコリおじいさんが現れた。
集落のおじいさんと立ち話をした。
「日影」という凄い渓谷があるから、是非、見ていって・・・と言われた。
s2018-02-11 000012

ギョエ~とするほど凄い崖
これ以上は近づけなかった。
写真の技術があったら、もっと渓谷の迫力を表現できるのですが、残念・・・・
s2018-02-11 000011

s2018-02-11 00016

上里見 間野集落へ①

2017.02.15.Wed.12:10

安中市の羊神社の説明板に書いてあった「高崎市上里見町間野」集落
羊神社の説明板はこちらへ
以前から一度訪れてみたいと思っていた。
今年のマイ・テーマなので、行ってみよう。
風は寒いけど、もう、光の中に春を感じる季節になっている。
地図・カメラ・手帳・・・・を車に準備して出かけた。

北陸新幹線の安中榛名駅を通り過ぎ122号線を道なりに北上した。
細い道路にそって山の中の急斜面を上がっていくと自在寺という寺があった。
急に視界が開け、安中市が一望できた。
うわっ!初めて、この絶景
s2018-02-11 03

山の山頂から今度は細い道をひたすら降りていく。ややフラツトになったら48号線と交わる。
右折して48号線を行くと間野集落に着いた。
s2018-02-11 01

この時期の梅の作業をしていた農家の人がいた。
挨拶をしたら
多胡碑がある場所を教えてくれた。
杉木立のある盛り上がった小山が多胡神社らしい。
s2018-02-11 02

落ち葉が積もっていて、歩きにくかった。
誰も訪れていない感じ・・・
s2018-02-11 04

この説明板はありがたかった。
s2018-02-11 09

s2018-02-11 05
s2018-02-11 07
s2018-02-11 010
この集落にも多胡碑があったのだ。
来てよかった。
s2018020002.jpg



館の百体馬頭観世音 

2017.02.15.Wed.11:20
秋間エリアを車で走っていると
いつも「何だろう?」と不思議に思う場所がある。
が、(常に時間に追われているので)そのままにしていた。
効率よく移動すること32年・・・

2017年1月3日
1時間自由時間ができたので、いつも感じている不思議ゾーンを一人探検してみることにした。

館(やかた)というバス停
誰かの館があったのだろうか?
s20170102okihfss3.jpg
入り口に建ってる社と石仏
s20170103lokijuhgf2.jpg
道なりに歩いていく。
s20170103ooplkj008.jpg
小山の中腹に石仏がズラリと並ぶ広場に着く。
s20170103ertgftdthc06.jpg
s20170103fgyhfh013.jpg

s20170103ljugf009.jpg
s20170103oplkijuhy.jpg

隣りのお寺にいく道があった。
s20170103jijgyfd0012.jpg

s20170103ikokhg009.jpg
s20170103gyhffg0011.jpg
s20170103qqweftg007.jpg

参拝を終えて道路に出たら、最後に、意外な発見があった。
赤穂四十七義士石像を掘った元助の自宅跡とのこと
詳しくはこちらへ
s20170103jijuhg0013.jpg
約30分の脱日常タイム。
気分転換もできたし、歴史散策もできた。

今日も最高の日だった。

☆館の百体馬頭観世音
若宮八幡宮(わかみやはちまんぐう)の南側に、平面的に北に中尊(ちゅうそん)を建て南北に長い楕円形に102体の馬頭観世音(ばとうかんぜおん)を並べています。中尊(ちゅうそん)の銘から文政9年(1826)に建立されたと考えられます。
安中市学習の森HPより転写

太郎三郎三人様の祠(ほこら) 

2017.02.14.Tue.10:40
還暦直前の探検団で沼田方面を歴史散策中 小さな社を発見
なんだろう?
車を駐めて、フムフムと
「太郎三郎三人様の祠(ほこら)」説明板を読んでみた。

starpo6.jpg
taro31258455.jpg

staros1.jpg
太郎三郎三人様の祠
慶長19年(1614)大坂冬の陣にあたり、幕府は各大名に出陣を命じた。
それにともなって、村々からたくさんの人夫が集められた。
沼田城主真田信之にも出陣の命令が下り、生枝村からも一人分の人夫をだすことになった。
名主は、村人を集めていくどとなく話し合ったが、誰も応ずる者はなかった。
これでは、殿様に申し訳が立たないと相談の結果、浪人の太郎三郎に話しを持ちかけたところ
村のためになるならと返事をした。
村の人たちは、大阪までの出向いての戦い、しかも相手は豊臣だから生きて帰ってくるまいと思い、
無事に帰って来た時には、生枝の石高(153石)の半分を太郎三郎に与えることを約束して送りだした。

戦いが終わってしばらくして、沼田城主真田の殿様が帰城したいという話しが伝わった。
その話しを聞いて間もなく太郎三郎がひょっこり村に帰ってきた。
さあ、大変だ。
太郎三郎は、村の石高の半分をもらえるわけだから、村は大騒ぎになった。
約束通り村の石高半分をとられると、村は成り立ってゆかなくなってしまう。
そこで、思案の結果、太郎三郎を亡き者にすることを決めた。
かわいそうだが、背に腹は代えられない。

名主の家で、3月3日のお祝いを催した。
太郎三郎は、そのお祝いに招かれて出席してみた。
たけれども辺りの様子に不安を感じ、名主の家を逃げ出した。
計画をさとられた村人たちは、その後を追い、西原で追いつめてよってたかった殺してしまった。
太郎三郎の妻もそれを聞いて覚悟を決め、幼児二人を石うすでひき殺し、自分も自害してはてた。

その後、生枝村では、毎年作物が不作で、村人にも災難がふりかかった。
村人たちは、これはきっと太郎三郎たちのたたりであろうと思い、この地に石の祠と社を建てて、冥福を祈った。
当時造られた社が老朽化したため、平成10年む12月、生枝地区の人々の寄付により、この新しい社が建てられた。
                               白沢村教育委員会



☆あまりの残酷さに、みな、のけぞった!
村人による太郎三郎一家全員皆殺し事件の顛末が記されている。
こういった負の村史を正直に隠さずに残したことは、良いことだと思う。
しかし、この説明板を一文字一文字転写しながら、考えた。

思慮のない行き当たりばったりの発案と行動・人権感覚の欠如・残酷な精神風土は、果たして過去のものなのだろうか?
私達の中に明確に「近代的自我」や「人権意識」が確立されているのだろうか?
私には、さう思えない。
今 安倍内閣が日本会議という極右の勢力に乗っ取られても、本当に怒りの声を上げているのは ごく一部の知的な人々にすぎない。
「近代的自我」や「人権意識」もない普通の人々は、情報操作されたなかで、常にマスコミに騙され続けている。
こんなに愚かでは「北朝鮮が」「中国が」と安倍内閣により簡単に情報操作され、安易に戦争の方向に流さてしまうだろう。

江戸時代の地方の村のこの悲劇を
過去のものとしてすませられない・・・・・
と案ずるのは私だけだろうか?。

キトラ古墳

2017.02.14.Tue.08:58
キトラ古墳(キトラこふん)は、奈良県高市郡明日香村の南西部、阿部山に築かれた古墳。亀虎古墳とも書く。墳丘にある石室内に壁画が発見され高松塚古墳と共に保存事業が進められている。
o1600119913719943191.jpg
1127-17kijhfdjkl.jpg
被葬者[編集]
誰が埋葬されているかは未だ判然としていない。年代などから、天武天皇の皇子、もしくは側近の高官の可能性が高いと見られている。また、金象眼が出土したことから、銀装の金具が出土した高松塚古墳の埋葬者よりも身分や地位の低い人物が埋葬されていると推測される。
白石太一郎は、被葬者は右大臣の阿倍御主人(あべのみうし)であったと推定し、その根拠として、古墳周辺の一帯が「阿部山」という名前の地名であることを挙げている。岸俊男などもその蓋然性が極めて高いと考え支持している。直木孝次郎も阿部御主人を第一に挙げ、皇族では弓削皇子も考えられるとした[2]。阿倍御主人は大宝3年(703年)4月右大臣従二位、69歳で没した(『続日本紀』『公卿補任』)。
または、京都橘大学の猪熊兼勝は、天武天皇の皇子の高市皇子という説を主張。
千田稔は、百済から渡来した百済王昌成(しょうじょう)を被葬者に挙げる。WiKIより

碓氷製紙工場 

2017.02.14.Tue.08:45
世界遺産登録された富岡製紙工場
しかし、操業はしていない。
E5AF8CE5B2A1E8A3BDE7B3B8E5A0B4(E78FBEE59CA8).jpg

日本は江戸時代末期に開国した際、生糸が主要な輸出品となっていたが、粗製濫造の横行によって国際的評価を落としていた。そのため、官営の器械製糸工場建設が計画されるようになる。
富岡製糸場は1872年にフランスの技術を導入して設立された官営模範工場であり、器械製糸工場としては、当時世界最大級の規模を持っていた。そこに導入された日本の気候にも配慮した器械は後続の製糸工場にも取り入れられ、働いていた工女たちは各地で技術を伝えることに貢献した。WiKIより

明治の頃
0300nishik2545i.jpg

明治の頃
11125284kjgfg30.jpg

機械が稼働していないので、養蚕の仕事の一連の流れをイメージしにくいように思える。
2014-04-26-425jhggt.jpg

あの繭からどうしてこんなに美しい絹糸ができるのか
いつもいつも不思議に思う・・・・
0101usui20170102.jpg


ところが、安中市松井田町に現在も操業している碓氷製紙工場があるのだ。

本日は、その碓氷製紙工場周辺を歩いてみた。
碓氷製紙工場の向こうに妙議山が見える。
s12715448_1544029825927126_7882131062483373244_n.jpg

s12717272_1544029855927123_3485953864228859112_n.jpg
工場内の見学はできない。
s10247212_1544029839260458_2687198566473836037_n.jpg
建物の裏てに続く小道があった。
s12743896_1544029932593782_8785862980558820257_n.jpg

濁った貯水槽があった。
s12729203_1544029979260444_2230351214381252470_n.jpg
すぐ近くに碓氷川が流れている。
s12744158_1544030002593775_7200802663489430431_n.jpg

12705757_1544030012593774_921371905503045189_n.jpg

s12661871_1544029879260454_1242164256118044591_n.jpg

◆メモ
 碓氷製糸農業協同組合 群馬県安中市松井田町新堀甲909。上信越自動車道松井田妙義ICから車で5分、JR信越線西松井田駅から徒歩10分。見学は平日のみ、5人以上の団体限定で要予約。所要約1時間。問い合わせは=電027(393)1101=へ。