FC2ブログ

行基が建立した西芳寺

2016.11.22.Tue.12:33
★金浩さんのフェイスブックよりシェアしました。

嘘みたいな本当の歴史話⑧
15134706_10210124738586992_2201119339905083631_n.jpg
15135812_10210124738506990_6132332291475117031_n.jpg
15135946_10210124738546991_8637352200848229851_n.jpg

皆さん、夏の京都と言ったら大文字焼。大文字焼と言ったらやはり嵐山ですね。今回からは嵐山付近のお話をしようと思います。

さて、阪急嵐山線の松尾大社駅近辺には、有名な神社仏閣が多くあります。その中の一つに、女性に大人気の「鈴虫寺」があります。この「鈴虫寺」から水路を更に5分ほど上流に行けば、「西芳寺(さいほうじ)」と言うお寺があります。西芳寺と言う名前ではあまりピンときませんが、「苔寺」と言えば聞き覚えがあると思います。境内庭園には、敷地いっぱい苔で覆われて神秘的な光景が広がっており、有名観光名所でもありますね。このお寺は「国指定史跡」と「特別名勝」に指定されており、1994年には世界文化遺産にも登録されました。この西芳寺の創建はあまりはっきりしておりませんが、西暦729年~749年に「行基(ぎょうき)」と言う偉い僧侶が建立したとと言う説が有力の様です。

さて、この行基とはどのような僧侶だったのでしょうか?行基は奈良時代の僧侶で、「大僧正(だいそうじょう)」と言う仏教界最高位に初めて任命された人物なんです。あの有名な奈良の大仏(東大寺)を作ったのもこの行基で、大仏建立の総責任者でした。また行基は全国行脚を行い、各地で寺院を建立したり庶民に仏教を広めた事でも歴史に名を残しております。日本の歴史ある寺院の多くが、行基建立のお寺として今でも各地に残っております。実はこの行基、百済の渡来氏族であり、漢字を日本に伝えた「百済の王仁(くだらのわに)」の末裔であります。一説には行基は百済からの渡来人とも言われておりますが、現在は大阪生まれの百済渡来氏族と言うのが通説の様です。

行基が建立した西芳寺、時代が下って1420年6月16日に朝鮮通信使の「宗希璟」と言う人物が訪れた記録が残っております。「宗希璟」はその時の景観を「遊西芳寺」と言う題名の漢詩に残しております。百済渡来氏族行基が建立して、後に朝鮮通信使が訪れ漢詩を残した歴史はロマンを感じますね。

いかがでしたか今日の西芳寺のお話。
現在西芳寺を拝観するには、往復はがきで申し込み、¥3000以上の志納金を納め、写経すれば拝観できるシステムになっております。
自分は知らぬままアポなしで行ってしまったので、拝観できませんでした。
次回行く時は、事前に申し込んで拝観させてもらおうと思います。
では、また次回・・・
スポンサーサイト