FC2ブログ

福井県 敦賀の語源話

2016.07.27.Wed.08:22

7月24日
言葉の語源 その106

震災やら大雨やらで忙しい毎日でなかなか書けないでいましたけど、梅雨も明けやっと落ち着いたので、福井県の語源話の続きを書きたいと思います。今日は以前書いた小浜・若狭地方から、舞台を敦賀地方に移して話しいたします。

福井県中央部には有名な敦賀湾があります。朝鮮半島からの渡来人達はこの敦賀湾にも多く渡来してきてその痕跡を残しております。この湾を形成している西側の敦賀半島の先端には、皆さんがよく耳にする高速増殖炉「もんじゅ」があります。その脇に小さな白木漁港有する白木と言う集落があります。そしてそこには「白城神社(しらきじんじゃ)」が鎮座しております。実はここの地名「白木」は元々「新羅」であり、それが転訛して「白木」になりました。さらに「白城神社(しらきじんじゃ)」も元々は「新羅神社(しらぎじんじゃ)」だったそうです。この白木地区の人々は玉子を口にしないそうです。理由ははっきりしていませんが、元々新羅は鶏を神格化して国名も「鶏林」と呼んでいた時代があり、その流れではないかと言われております。

さて、この白木地区から5kmほど南下すると、菅浜(すがはま)海水浴場があり、「菅浜神社(すがはまじんじゃ)」が鎮座しております。この「菅浜」と言う地名、浜があるからそう呼ばれたのではなく、元々「菅窯(すがかま)」と呼ばれておりましたがそれが転訛して「菅浜」になりました。この地区周辺では古代、須恵器(すえき)と言う朝鮮半島伝来の焼物が焼かれておりました。その窯跡は現在わかっているだけでも2千基を超えます。この菅窯は朝鮮半島渡来人が須恵器を焼いた場所なので、「菅窯」と呼ばれたんですね。また、「村」の事を朝鮮半島の古語で「スカ」と言いますが、「菅」は「スカ(村)」の転訛だと言われております。つまり須恵器を焼いた村だから「菅窯」なんですね。
先に述べた菅浜神社、この神社の祭神は「菅竈由良度美(すがかまゆらどみ)」と言う神様であり、天之日槍(あめのひぼこ)七世の孫と伝わっております。天之日槍は日本の古文書に新羅の王(または大伽耶の王)と記されており、菅竈由良度美は王族の子孫なんです。これだけを見てもこの菅浜が古代、新羅との関わりが強かった事がわかります。さらにこの菅竈由良度美は日本の歴史で度々登場する、「神功皇后(じんぐうこうごう)」の祖母でもあります。

菅浜から4kmほど離れた敦賀半島の付け根中央部には、沓見(くつみ)と言う地区があり、そこに「信露貴彦神社(しろきひこじんじゃ)」が鎮座しております。この神社の由来ははっきりしておりませんが、元々は「白木大明神(しらきだいみょうじん)」、「志呂気神社(しろきじんじゃ)」と呼ばれ、「新羅」と同意だそうです。ここで「彦」とは「日子」で男を意味し、新羅の男性を祀った神社であります。またこのすぐ近くには、「久豆彌神社(くつみじんじゃ)」が鎮座しており女ノ宮と呼ばれ、「信露貴彦神社」を男ノ宮と呼び、この二社は夫婦神と言われております。つまり新羅の王族の夫婦を祀った神社なんです。

敦賀はこれだけ見ても新羅との関わりが強く、多くの渡来人が入植した地域だと言う事がわかりますね。
いかがでしたか、今日の語源話。
次回もまた、敦賀のお話をさせていただきますね。

13735594_10209087568858397_4807513152027917813_o.jpg
13662149_10209087568618391_380344887362015033_o.jpg
13730784_10209087568658392_5490098416757485720_o.jpg
13765953_10209087569058402_7157874731925353270_o.jpg
スポンサーサイト

金さんの記事が韓国の新聞に掲載されました。

2016.07.26.Tue.15:39
★おめでとうございますヽ(^。^)ノ
いつも フェイスブックの記事をシェアさせていただいている金浩さんの歴史散策・言語話が、
なんと! 韓国の新聞に掲載されることになりました。
なにより嬉しいことです。
金達寿さんも上田正昭先生も あの世で喜んでいることと思います。
何年か後に 金さんを講師にして 九州古代史ツァーができたらいいなぁ と夢みています。

以下金さんのコメントです。
自分が不定期でアップしている語源話が、韓国の新聞に掲載されました。
本当に嬉しい限りです。
まだまだ九州を始め日本各地には、渡来人や語源話のネタがたくさんあるので、掘り起こしてはご紹介させていただきますね。

13781826_1117029398339893_6711344988703897478_n.jpg

朝鮮人の縁と歴史

2016.07.04.Mon.12:37

皆さん、4月の熊本地方を襲った大震災。熊本城がかなりの被害にあった事はすでにご承知かと思います。テレビに映っていたのはほんの一部で、実際に行ってみると被害は相当な物でした。城壁の破損と櫓(やぐら)の倒壊、そして第一天守閣と第二天守閣の破損等を見ていると、復興に莫大な時間を要すると本当に感じる次第でした。
さて、この熊本城とその周辺、朝鮮半島にまつわる地名や技術が沢山詰まっている事はご存知でしょうか?今日は幾つかかいつまんでそのお話をしたいと思います。
熊本城はご存じの通り加藤清正が築城しましたが、特に薩摩藩(鹿児島)からの攻撃を恐れて、城の南側と西側の防衛を強化しました。その一つとして、かつて城の南西部には高麗門と言う城門があり、防衛上大変重要な役割を担っておりました。ではなぜ高麗門と言うのかと言うと、壬辰倭乱(慶長文禄の役:朝鮮出兵)の時、加藤清正が攻め入った開城に高麗門と呼ばれる城門があり、その門を模して作った物が熊本城の高麗門だそうです。高麗門は廃藩置県後の明治初期には取り壊され外堀もその後埋められて、現在は門の礎石、記念碑と由来碑、案内板が残るのみとなりました。
高麗門跡から路面電車通りに出てに北に向かうと熊本新町郵便局があります。現在新町と呼ばれているこの一帯、かつては蔚山町(うるさんまち)と呼ばれておりました。では何故蔚山町かと言うと、これも壬辰倭乱(慶長文禄の役:朝鮮出兵)の時、加藤清正軍の拠点が蔚山城だった事に由来しており、そこに街並みが似ているからとう事と、さらに蔚山から連れてこられた朝鮮人達が住んだ場所だった事から、蔚山町と呼ぶ様になりました。現在は町名が消えてしまい、郵便局前に、「蔚山町(うるさんまち)」という電停(路面電車駅)とバス停がその名残を伝えております。
さて熊本城と言えば、天守閣に石垣が有名ですね。特に石垣は現存する石垣の中で一番長い石垣と言われており、その規模は息をのむほどです。実は熊本城の石垣、とあるお城を模して作ったとされております。そのお城は韓国南部、慶尚南道晋州(チンジュ) 市にある高麗末期時代に築城された晋州城なんです。また熊本城の石垣は壬辰倭乱(慶長文禄の役:朝鮮出兵)の時に連れてこられた石工職人達の力も加わっており、更に古代渡来人の末裔穴太衆と言う石積み渡来集団の技術も用いられております。
今回の震災でかなり落ちてしまった熊本城天守閣の瓦。この瓦は滴水瓦(てきすいかわら)と呼ばれており、形が水が垂れる姿に似ている事からそう言われております。実はこの滴水瓦、別名を高麗瓦、朝鮮瓦と言い、主に朝鮮半島の古い建物などに用いられている様式の瓦なんです。この高麗瓦は福田五右衛門と言う職人が熊本城築城の際に棟梁に任命され作ったと言う記録が残っておりまが、この福田五右衛門と言う人物、高麗人と言われており壬辰倭乱(慶長文禄の役:朝鮮出兵)の時に連れてこられた瓦陶工だったんです。実は現在も末裔の方が瓦を造り続けて、その伝統を守っているそうです。
熊本城内本丸には加藤神社が鎮座している事はご存知でしょうか?この神社、明治に入って創建された神社で歴史は浅いんですが、主祭神として加藤清正を祀っております。実はこの加藤神社、主祭神の他に陪神として韓人金官公(かんじんきんかんこう)と言う人物も一緒に祀られている事はあまり知られておりません。この韓人金官公と言う人物、読んで字のごとく、朝鮮人の金官と言う人なんです。実在した人物で、本名は良甫鑑と言われておりますがニックネームとも言われております。壬辰倭乱(慶長文禄の役:朝鮮出兵)の時に加藤清正は朝鮮半島北部咸鏡道にまで攻め入ってきました。この時に加藤清正軍は、朝鮮王朝の臨海君と順和君の王子二人と共に従臣200人余りを捕えます。この従臣の一人が良甫鑑、金官なんです。従臣達は彼を、「金官、金官」と呼んでいたので、捕えられた後「金官」と呼ばれたそうで、ある一説では、「金」の名字を持った良甫出身の鑑職だったと言う所から、金官:良甫鑑を名乗ったのではないかと言われております。
この金官は、加藤清正に道案内を命ぜられ、また出納の才能を買われ日本に連れてこられます。当時加藤清正は、朝鮮出兵で莫大な藩財を使い果たし財政は枯渇状態でしたが、金官の商才により莫大な富をもたらされ、金官を藩の会計職に召したて200石を与えられました。ちなみに金官のお墓は現在、熊本城近くの本妙寺境内にあります。
加藤清正はご存じの通り、略奪の限りを尽くした武将と言われており、石ころから草木までありとあらゆるものを略奪してきました。その略奪品の一つである朝鮮の太鼓橋が、今でも加藤神社の拝殿脇に残っております。
本日のお話、いかがでしたか?
ちょっと長文になりましたが、熊本城とその周辺にはまだまだご紹介できていない朝鮮半島にまつわる歴史や史跡、技術や文化などがあります。
いつかまた散策に出かけたら、その機会にでもご紹介いたします。

13495360_10208824795849236_1402596203116785625_o.jpg
13433101_10208824795729233_5469381812113422205_o.jpg
13475161_10208824796489252_3488649672126604399_o.jpg
13475144_10208824796449251_8054391066938055620_o.jpg