FC2ブログ

福井県③小浜市白石神社

2016.04.28.Thu.15:04
言葉の語源 その105
さて皆さん、前回は若狭彦神社、若狭姫神社、神宮寺のお話をしましたが、今日はその続きをお話しいたします。
さてさて、前回の語源話で、若狭彦神(彦火火出見尊)と若狭姫神(豊玉姫)は下根来白石に降臨したとお話ししましたね。その場所は若狭神宮寺から遠敷川を1.5kmほど上流に向かった場所で、ここの遠敷川の対岸に「鵜の瀬(うのせ)」と言う川が蛇行して淵が出来た岩場がありますが、両神はこの岩場に降り立ったんです。
この鵜の瀬から150mほど離れた所に、「白石神社(しらいしじんじゃ)」が鎮座しておりますが、白石神社の由来によれば、若狭彦神と若狭姫神は、この鵜の瀬に八人の眷族(一族家臣)を従えて白馬にまたがって、白雲に乗って唐人の姿で天下り、その時に二羽の鵜が迎えたと言う事で、この岩を「鵜の瀬」と言う様になったとあります。ここでの「唐人(からびと)」は「韓人(からびと)」であり「加羅人(からびと)」、つまり新羅人のことなんですね。祭神は白石大神(白石明神)、または鵜の瀬大神(鵜の瀬明神)として、若狭彦神と若狭姫神を祀っております。現在白石神社は若狭彦神社の境外社扱いですが、実は若狭彦神社と若狭姫神社の創祀社、つまり両社の元がこの白石神社なんです。外見は社の周りに雪よけの板が張られ、一見古ぼけた物置小屋に見えますが、中を覗くと小さいながら立派な彫り物をした社を構えております。
さてこの白石神社、何故「しらいし」と呼ぶのかと言いますと、その語源はやはり新羅にありました。前回ご紹介した若狭神宮寺、そしてこの白石神社は、新羅渡来人が祀った事により新羅寺、新羅神社と言われていた様で、特にこの白石神社は新羅氏が祀った神社で「新羅氏神社」だったそうです。それが転訛して「白石神社」になり地名も下根来白石になったそうです。ちなみにこの上流には「上根来(かみねごり)」と言う地区があり広峯神社が鎮座しております。祭神は牛頭天王(素戔嗚尊)で新羅渡来神であり、この白石神社と深い関係があるそうです。
この白石神社と神宮寺、実は奈良の東大寺とも深い関係があり、東大寺の二月堂のお水取りと言う行事は、元々鵜の瀬の水を東大寺の二月堂まで運んで行っておりました。
だから東大寺二月堂の周りに守り神として、「遠敷神社(祭神:彦火火出見尊)」と「興成神社(祭神:豊玉姫)」が祀られているんです。
現在鵜の瀬の水は運ばれておらず、若狭神宮寺ではお水送り、東大寺ではお水取りが各々別々に行われております。
更にこの白石神社、大阪藤井寺の「辛国神社(からくにじんじゃ)」、東大寺近くの「漢国神社(かんごじんじゃ)」とも関係が深いと言われております。どちらも新羅の神様を祀っており新羅系の神社です。
いかがでしたか、本日の語源話。
新羅から来た新羅渡来氏族が下根来白石の鵜の瀬にやってきて白石神社を祀り、更に川を下って若狭彦神社上下社(若狭彦神社、若狭姫神社)と若狭神宮寺を祀った。
小浜市一帯は新羅渡来人の王国だったんですね。
次回は敦賀方面の語源話をしたいと思います。
ではまた次回・・・

12512790_10208301957938615_4421148305208970797_n.jpg
12961439_10208301958498629_2709507204644289053_o.jpg
12971000_10208301962578731_8219654218023495600_o.jpg


スポンサーサイト



福井県②小浜市若狭彦神社、若狭姫神、神宮寺

2016.04.28.Thu.14:51
金浩さんが4月6日 19:30の写真5件を追加しました。
4月6日 19:30 · ·
言葉の語源 その104
さて皆さん、今回も引き続き福井県小浜市の語源話をしたいと思います。
前回ご紹介した若狭小浜八幡神社から4km程滋賀方面に進むと、遠敷川(おにゅうがわ)沿いに「若狭姫神社(わかさひめじんじゃ)」が、更に1.5km程上流に進むと「若狭彦神社(わかさひこじんじゃ)」が鎮座しております。
この両社は一対でその昔、若狭彦神社と若狭姫神社を併せて「遠敷明神(おにゅうみょうじん)」「上下宮(じょうげぐう)」と称して「若狭一宮上社下社(わかさいちのみやじょうしゃげしゃ)」と扱われておりましたが、明治以降若狭国一之宮、若狭国二之宮と区別されました。
つまり二つの社を持ったひとつの神社が明治以降に区分されてしまったと言う事です。
祭神は若狭彦神社に「彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)」、若狭姫神社に「豊玉姫(とよたまひめ)」が祀られており、この二柱は夫婦であり、日本の初代天皇と言われている、「神武天皇(じんむてんのう)」の祖父母になります。
由来書や伝承によると、この夫婦神は上流にある下根来白石(しもねごりしらいし)に降臨したとあり、新羅渡来人が祀った夫婦神でありますが、その具体的な内容は次回の語源話でお話しいたします。
ちなみに、浦島太郎の竜宮城のお話はこの二人をモデルにした話だと言われております。
さて、日本は古来、神道(神社)と仏教(お寺)を一緒に混合して崇めていた時代があります。
俗に言う神仏習合(しんぶつしゅうごう)と言う時代でした。
当然この若狭彦神社、若狭姫神社もとあるお寺が祀っておりまいた。
それは若狭彦神社から遠敷川を800mほど上流に行った所にある「神宮寺(じんぐうじ)」と言うお寺です。
この神宮寺の由来書によると、朝臣赤麿公が若狭神願寺として創建して、遠敷明神(若狭彦神、若狭姫神)をお迎えして、神仏両道の道場として神宮寺になったとありました。また由来書の冒頭に面白い記述があったのでご紹介します。
「若狭神宮寺由来書 若狭は朝鮮語ワカソ(往き来)が訛って宛字した地名で、奈良も朝鮮語ナラ(都)が訛って宛字されている。
この地方は若狭の中心で白鳳以前からひらけ、この谷は上陸した半島大陸文化が大和(朝鮮語でナラともいう)へはこばれた最も近い道であった。
それは対馬海流にのってきて着岸した若狭浦の古津から国府のある遠敷(おにふ=朝鮮語ウォンフー「遠くにやる」が訛った)や根来(ねごり=朝鮮語ネ、コーリ「汝の古里」が訛った)」と京都や奈良が百キロほどの直線上にあることである。…」
もうお分かりですね。
そう、この若狭と言う地名は韓国朝鮮語の「와가서(往き来)」が語源で、川や神社の名前にもなっている「遠敷(おにゅう:おにふ)」は「원후(遠くにやる)」であり、降臨地の地名「根来(ネゴリ)」は「네고리(汝の古里)」なんですね。
それだけこの地には、渡来人が多くいたと言う証拠ですね。
神宮寺の由来書に、こんなにはっきり書かれているとは驚きです。
さて、次回は遠敷明神と呼ばれた若狭彦神社、若狭姫神社の降臨地についてお話ししようと思います。
ではまた次回・・・
12976740_10208293766733840_4396970335708666715_o.jpg
12909590_10208293766213827_8177868792998204161_o.jpg
12524139_10208293766573836_6325512826889540243_n.jpg

福井県①小浜市若狭小浜八幡神社

2016.04.28.Thu.14:33
言葉の語源 その103
皆さん、福井県と言ったら何を思い浮かべますか?東尋坊、越前ガニ、越前和紙、恐竜博物館・・・色んな観光地や名産品に富んだ福井県、実は県全域おいて渡来人の痕跡が色濃く残っている所でも有名で、この渡来人達はかつての都である奈良にも深く関係しておりました。その事を含め、今日から数回にわたり福井県の語源話をしていきたいと思います。
皆さんは福井県南部にある小浜市(おばまし)をご存知でしょうか?「オバマ」と言う事だけで、アメリカのオバマ大統領就任の際に、長崎県雲仙市小浜町と共に町興しをしようと一躍注目を浴びた町です。
さて、この小浜市のJR小浜駅から西に400mほど行くと「八幡神社(通称:若狭小浜八幡宮)」があります。八幡神社と言えばどこの町にもある珍しくない神社ですが、この八幡神社には1585年に書かれた大変興味深い社宝の古文書、「禁制状(禁止状)」が残されております。その内容は、下記の通りです。
八幡宮 禁制
一、 当社 并限 末社新羅敷地競望事
一、 社内放飼牛馬致狼藉之事
一、 神前崩石蔵伐採竹木事
第一番目の禁制文を現代風に訳すと「八幡神社と末社新羅神社の敷地に、勝手に手を付けてはならない」と言う意味で、当時小浜市のどこかに末社(会社で言う孫会社みたいな物)である新羅神社があったようですが、現在場所は確認出来ておりません。
色々と調べてみると、何年か前までこの神社の境内社に「新良伎神社(しらぎじんじゃ)」がありました。実はこの新良伎神社が禁制状の新羅神社の事のようで、別の場所から八幡神社の境内に遷されたのではないかと思われます。この事を八幡神社の方に聞いてみたら、現在新良伎神社は無く、元々あった境内にある末社の「高良神社(こうらじんじゃ)」に合祀されたようです。
ここに出てくる「新良伎(しらぎ)」の語源が、「新羅」であると言う事はもうお分かりですね。ちなみに高良神社はその本宮が福岡県久留米市にあり、「高良」の語源は「高麗(高句麗)」にあります。
実は福井県の南部、若狭町と小浜市一帯は昔、若狭国(わかさのくに)と言われ、新羅渡来人が多く入植した地で、この八幡神社はかなり古い時代からあり元々小浜宮(おばまぐう)と呼ばれておりました。神社発行の神社由来書によると西暦770年には既に存在しており、九州の宗像大社の宗像三女と言う3柱の姫神が祀られているところから、この小浜宮は元々新羅渡来人が祀った神社だと言う事がわかり、後に八幡神社になったと言う事がわかります。だから八幡神社の末社が新羅神社(新良伎神社)なんですね。
今日の語源話はいかがでしたか?
次回は若狭の地名の語源を含めた面白話をご紹介しようと思います。
ではまた次回・・・

10710268_10208281027895377_8742432784400402691_o.jpg
12891600_10208281027775374_6640061114226422318_o.jpg
12961249_10208281027815375_5422737657232622444_o.jpg" />