FC2ブログ

高麗神社(こまじんじゃ)散策②

2016.02.01.Mon.12:36
10626233_10205181582651183_3436162736103500935_o.jpg
129611561923616303074_2011_0123_112202-P1230022.jpg
そして冒頭で述べた神社名として、「高麗神社(こまじんじゃ)」もあります。高麗神社は高麗王若光死後、末裔たちが祀った神社だと言われており、現在も高麗家が宮司として、高麗王若光を祀り守っております。
komaw聖天院勝楽寺
高麗山聖天院勝楽寺(こまさんしょうでんいんしょうらくじ)
komabj高麗王の墓
高麗王若光の墓
さて、高麗神社から南東に200mほど行った所に、高麗山聖天院勝楽寺(こまさんしょうでんいんしょうらくじ)と言うお寺があります。このお寺は、高麗王若光に従っていた侍念僧の勝楽上人が高麗王若光の死後、冥福を祈るために建立に着手しますが、完成間近にして亡くなってしまいました。その後は高麗王若光の三男聖雲と勝楽上人の弟子であり高麗王若光の孫でもある弘仁が、勝楽上人の遺志を継ぎ、西暦751年に完成建立したお寺であります。
この勝楽寺には現在、楼門右脇に高麗王廟として高麗王若光のお墓があり、本殿左には高麗王若光の石像があります。
105C8837697D4823B05332787C66DD09_L.jpg
さらに一番奥の敷地には、第二次世界大戦の不幸な歴史の中亡くなり供養されないまま放置された霊を慰めるための「在日韓民族無縁仏の慰霊塔」と「納骨堂」がありその脇には、歴代歴史の偉人たちの石像(高句麗広開土王、新羅太宗武烈王、百済王仁博士、高麗鄭夢周、李氏朝鮮申師任堂)と、ソウルパコダ公園(塔洞公園)八角亭の縮小建造物、更に一番高い所には古朝鮮建国の檀君像があります。ちなみに、慰霊塔は日本一の大きさだそうです。

今日の語源話、いかがでしたか?
まだまだ尽きぬ埼玉県渡来人話、次回も引き続き埼玉のお話をしたいと思います。
巾着田のすぐ近くに美味しい坦々麺専門店がありますが、そこの羽付餃子がおいしいのなんのって・・・今宵は羽付餃子の味を思い出しながら冷凍餃子をほおばり、芋焼酎のお湯割りをあおいで、高麗王若光に想いを馳せたいと思います。
ではまた次回・・・

スポンサーサイト



高麗神社(こまじんじゃ)散策①

2016.02.01.Mon.11:54

皆さん、今回は埼玉県の高句麗渡来人のお話をしたいと思います。

埼玉県日高市には、「高麗神社(こまじんじゃ)」が鎮座しております。この神社の神様は「高麗王若光(こまおうじゃっこう)」といいますが、実は実在した人物なんです。では、どんな人物だったのでしょう?

高麗王若光は高句麗使節として来日しますが、滞在中に高句麗が滅亡してしまい、そのまま日本に住む事となり、神奈川県の大磯に上陸して開拓をします。
そこで大磯の山を高麗山(高麗山)として「高麗権現社」を祀ります。
大磯高麗山の夕暮れ
神奈川県中郡大磯町高麗 高麗山
これが後に「高麗神社」となり現在の「高来神社(たかくじんじゃ)」になります。
250px-Torii_of_Takaku_Shrine_in_2002.jpg
その後神奈川県高座郡(たかくらぐん)に移り開拓をしていきます。高座は元々「高句麗」であり、地名が高句麗 → たかくり → 太加久良(たかくら) → 高倉(たかくら)→ 高座(たかくら)に転訛した地名です。

西暦716年、朝廷の命により静岡、山梨、神奈川、東京、千葉、栃木、茨木等に分散して居住していた1799人の高句麗渡来人を、未開の地である埼玉県中南部(日高市、飯能市北東部)に移住をさせて、「武蔵國高麗郡(むさしのくにこまのこおり)」を新設します。この時、郡司(首長)として赴任したのが、高麗王若光なんです。

この地に移住した高句麗渡来人は、様々な技術を持っており、馬の技術、須恵器、瓦、織物、紙漉き、製鉄技術の手腕を発揮し、近隣に多くの影響を与えたと言われております。
imagesgy巾着田空から
上空からの巾着田
彼岸花咲く巾着田
巾着田は彼岸花の名所
現在日高市の観光名所となっている、「巾着田(きんちゃくだ:川が蛇行し巾着の様な形をした台地)」は、高句麗渡来人が開墾した田畑と言われております。また、百済渡来僧侶「行基」が多摩地方のお寺に仏像を建立する時に、物資が無く困っていたのを助けたのは高麗王若光であり、新羅渡来人「多胡羊太夫」が秩父の地で銅を産出する様に助言したのも高麗王若光と言う伝説があります。

現在は高麗郡と言う地名は消滅してしまいましたが、日高市の中に「高麗本郷(こまほんごう)と言う地名と、「高麗川(こまがわ)」と言う河川名が残っております。
images高麗川遊び
夏は川遊びの名所 高麗川