FC2ブログ

山上碑(やまのうえのひ)を歩く①

2017.02.06.Mon.13:00
2017・2・4
上野三碑(こうずけ さんぴ)のうちの一つ
山上碑(やまのうえのひ)を歩こうと思い立ち出かけた。

最近上野三碑をユネスコ世界遺産にという運動が起り、群馬県と高崎市の関連施設で、よくパンフレットを見かける。
多胡碑は平地にあり、かつ表示もあるので、何度もいった。
が、山上碑には、以前(十年前)近くを通ったのでいってみようかとしたが、いきつけなかった暗い過去が(笑)
sやまのうえ7
この公民館前に車を駐めて歩いた。
sやまのうえ1
関東平野が一望で゛きる。
s山の上11
上信電鉄の「西山名駅」・「山名駅」から徒歩20分
sやまのうえ3

sやまのうえ2

前回はここまで来たが、この後が分からずに無念の撤退
(案内板が全くなかった。)
sやまのうえ6
今回は、要所要所に案内板が
sやまのうえ5
sやまのうえ4
道なりに進んでいくと集落の奥に入り口発見
(右手に駐車場も完備していた)
sやまのうえ9
sやまのうえ8
sやまのうえ10
sやまのうえ11

スポンサーサイト

山上碑を歩く②

2017.02.06.Mon.13:37
日頃の運動不足を兼ねて階段を登った。
古墳前にボランティアガイドさんがいて、話しをした。
imag251845es.jpg
古墳内部にも入ってよいらしい。
image1258455kggs.jpg
私の前を歩いていた青年が古墳の内部を見る用のライトを貸してくれた。
奈良出身で東京在住 古墳萌え(多分独身)
ありがたい。
お礼に青年が羊太夫伝説を知らなかったので、ちょっと解説してしまった。
ボランティアガイドのおじさんが
「多胡薬師塚古墳」に午前中行ってきたと言う話に
三人で盛り上がった。
s山の上碑004
お借りしたライトを照らして古墳内部の天井付近を撮影
s山の上碑005
当時の知識人階級のエリートなお坊さん長利が亡き母黒売刀自(くろめとじ)
への追慕から建てた山上碑681年
熊倉浩靖氏によると
「頭から文字の並びのままに、ほとんど訓読みで読める→日本最古の日本語碑」で「日本最古の墓碑ないし供養碑」であるという。
s山の上碑002
敷地内に掲げてあるこの碑の説明文もホームページも実にスッキリまとめてある。
完璧。
流石と感動。
s山の上碑003
親孝行な長利さんにホッコリ。
s山の上碑006

山上碑を歩く③

2017.02.06.Mon.14:05
いつものように周辺散策
大山紙神社があった。
s山の上碑0013
貯水池記念の碑
s山の上碑0011
この先は行き止まり・・・でもウォーキングするカップルあり
s山の上008
集落の東に貯水池が
s山の上碑0010
そこにもデカい記念碑が
こういう石文化は新羅系か
そのDNAがまだ生きているような山名集落であった。
s貯水池001
詳しくは高崎市HPへ






熊倉先生の講義

2018.03.16.Fri.09:12


第35回高崎わたしばなし
〜熊倉 浩靖さん(群馬県立女子大学 教授)〜