FC2ブログ

愛知県の朝鮮川!

2016.01.13.Wed.16:29
392087_115031985277750_1131410261_n.jpg
李創建さん
10557050_929550097159264_5151499441063422392_o.jpg
結構知られていない日本と朝鮮の歴史
【愛知の中の朝鮮】
今日は短く
ぺこ <(_ _)>
愛知県の中に『朝鮮』と付く川が2つもあります。一つは名鉄西尾線『米津駅』を降りて北に1km徒歩13分の所にある『朝鮮川』です。この川は約400年前に、豊臣秀吉の朝鮮出兵によって朝鮮半島から土木技術者が連れられ、掘られた川です。
もう一つある愛知県の『朝鮮川』は、名鉄西尾線『米津駅』からさらに南にいった『吉良吉田駅』にあります。駅から西に1.6kmの地点です。吉良と書かれているように、この地域は赤穂浪士に打たれた『吉良上野介:きらこうずけのすけ』先祖代々の地でもあります。
さてこの吉良の地にある朝鮮川は、大正時代、朝鮮人たちが工事にあたったことから朝鮮川と呼ばれるようになりました。

※最近、旅に出れない。
「アベ打倒」で忙しくて、仲間とスタンディングしたり、憲法カフェしたり・・・・
そんな私に李さんの記事は新鮮な喜びを与えてくれる。
グーグルマップで「朝鮮川」を発見した時は、まるで一人歩きをしているような感動を受けた。
今年は李さんからの発信を楽しみに、地域で仲間と自分のできることを継続していきたい。
大企業と米国奉仕のアベ政治を打倒して、いつか、古代史ウォークする日を夢見て・・・・・
スポンサーサイト



鶴見の東漸寺へ

2016.01.15.Fri.11:03
12391342_922763647837909_2762145841981899967_n.jpg
李創建さんは金浩さんと一緒です ― 場所: 鶴見駅
2015年12月16日 7:43 ·
267.続・これ結構知られていない日本と朝鮮の歴史
【鶴見に金浩とプチ散策】
たまたま仕事で来たキンホと、朝5時に出発して鶴見の『東漸寺:とうざんじ』へ行きました。朝6時に門を叩いて入場です。真実を確かめる為の早朝散策です。
(☆Д☆)キラリーン♪
さて、ここには『大川常吉』警察署長さんのお墓と、石碑が立っています。今から92年前の1923年に関東大震災がありました。皆さんもご存知のようにこの時「朝鮮人が井戸に毒をまいた」「朝鮮人が火をつけた」「朝鮮人が暴れ暴動化している」という、ありもしない悪いデマが流され、虐殺されました。しかし、この時、鶴見警察署長を務めていた大川さんは、デマで逃げる朝鮮人をかくまうのです。
大震災から次の日、自警団が、4人の朝鮮人と井戸水の入ったビンを出し「こいつらが毒を井戸に入れた」と言うと、大川警察署長は「それなら諸君らの前で飲んで見せよう」と飲み、納得させ帰らせました。次の日はさらに緊迫状態になります。署長は多数の朝鮮人を鶴見署に保護します。そこへ約千人の群衆が鶴見警察署を囲み「朝鮮人を出せ!殺せ!」と暴動のようになりました。
この時、大川署長は「君らがそれほどいうことを聞かないなら是非もない。朝鮮人を殺す前にまず、この大川を殺せ!われわれ署員の腕の続く限りは、一人だって君たちの手に渡さない!」と一喝します。しかし暴動は治らず「もし朝鮮人が署から逃げたらどうする!」という問いに、署長は「その時は切腹して詫びる」と言い聞かせ、群衆は帰っていきました。
大川警察署長はこうして、朝鮮人220人、中国人70人、約300人の人を助けたのでした。現在、東漸寺には社会科見学の一環として地域の児童、生徒が訪れ、총련総聯の前身である『민전民戦:ミンジョン』時代に作られた石碑と、お墓を見学して行くそうです。
(o^-')b

※大変、残念なことだけど、日本人の大半はこの事件を知らないのではないでしょうか。

そこで当ブログは古代史ブログなのですが、どうしてもこの記事だけは、転写しなくてはと思いました。
このような残酷な事件を二度と起こさない為にも私達は真実を知らなくてはなりません。
そして歴史から学ばなくてはなりません。
学んだら、そこから教訓を引き出して、二度と同じ過ちを繰り返さないように工夫して後世に伝えなければなりません。

この国の支配者達は、また同じことをやろうとしています。

中国が
北朝鮮が
ISのテロが
といって脅威をあおります。
騙されないように気をつけましょう。


行基

2016.12.21.Wed.08:42
☆李創建さんのフェイスブックよりシェアしました。


290.続・結構知られていない日本と朝鮮の歴史
【大阪の中の朝鮮.23.大阪と民に貢献した僧侶2】
15541211_1218526441594960_676574125244869720_n.jpg

前回の289で道昭(どうしょう)というお坊さんをご紹介しました。今日はその道昭の弟子『行基:ぎょうき』上人というお坊さんのお話です。

道昭から習った行基も実は百済渡来人の子孫です。父は『高志氏(高石):たかしうじ』で、元々百済の王族である『王邇:わに=王仁』からでた後裔であり、母は『蜂田氏:はちだうじ』で、両親共に百済人でした。

その家庭の長男として生まれた彼は、14歳で出家し、修行を重ね、749年81歳で亡くなるまで、日本古代史上、貴重な功績を残す人物となりました。彼の功績として一つあげるなら現在の大阪府内に、多くのお寺を建て現在も有名なお寺として残っていることです。そして注目すべきはその布教活動で、天皇や貴族中心の仏教だけでなく「庶民救済こそ仏教本来の姿である」と考え、当時の社会では革命的な主張を強く前面に掲げた活動を行いました。また行基は厳しい弾圧にも屈せず、49の寺院(大阪以外も含める)や、社会事業を行いました。

つまり、彼もまた師匠の『道昭』と同様、土木や社会事業に偉大な貢献をした僧侶なのです。

さてこの行基が行った活動の中で大阪府一帯に『灌漑:かんがい(水路を作って田畑に必要な水を引き、土地をうるおすこと)』用の溜池を15ヶ所も造成した事も功績の一つでしょう。そのうちで一番有名なのが『久米田池:くめだいけ』であり、そのすぐ西に、行基によって創建されたの久米田寺があります。一度行った人はこの池の広大さに度肝を抜かれることでしょう。そしてこの池を見て、手掘りである事を知っても、中々信じられないかもしれません。

そして行基はこれだけでなく、6ヶ所の架け橋、6ヵ所の溝、4ヶ所の堀、布施屋(庶民救護施設)を9ヵ所設け、摂津から河内への直道(大阪縦断の道)を1本作り、船泊まり2ヵ所を設置するなど、庶民のための救済事業を徹底的に行いました。

こうした活動を通じ、行基の人柄に惚れぬいた信者は数万人にものぼったと言われています。

そして逆に、こういった彼の巨大な人脈エネルギーを、当時の政府は奈良の東大寺建立に利用するため従来の弾圧政策から一転し、行基を優遇しだすのでした。彼もその事を知ってはいたものの、その信仰心から後に、奈良の東大寺建設に着手、一般人に声をかけ、東大寺建立を実現させるのでした。

寺の完成後の745年、とうとう行基は日本最初の『大僧上:だいそうじょう(僧の最高の位)』となります。その4年後の749年、彼は81歳で亡くなりますが、この間も庶民救済の活動の手を休めることは無かったといわれています。
((o^-')b

※大阪に創建した寺。その一部を紹介します。
①常光円満寺(じょうこうえんまんじ)…大阪府吹田市元町28−13
②金剛院(こんごういん)…大阪府摂津市千里丘3-10-5
③久修園院(くずおんいん)…大阪府枚方市楠葉中之芝2-46
④長栄寺(ちょうえいじ)…大阪府寝屋川市長栄寺町6-4
⑤野崎観音『福聚山・慈眼寺ふくじゅさん・じげんじ』大阪府大東市野崎2-7-1
⑥家原寺(えばらでら)…大阪府堺市西区家原寺町1-8-21。この寺は行儀の家を寺とした。
⑦久米田寺(くめだでら)…大阪府岸和田市池尻町934
⑧高倉寺(たかくらでら)…大阪府堺市南区高倉台2-9-15
⑨大野寺(おおのでら)…大阪府堺市中区土塔町2167
⑩安福寺(あんぷくじ)…大阪府柏原市玉手町7-21
▲奈良県に行基の墓所がある。
竹林寺(ちくりんじ)…奈良県生駒市有里町211-1

道昭

2016.12.21.Wed.08:54
☆李創建さんのフェイスブックよりシェアしました。

289.続・結構知られていない日本と朝鮮の歴史
【大阪の中の朝鮮.23.大阪と農民に貢献した僧侶】
皆様お久しぶりぶりでございます。
(*- -)(*_ _)ペコリ
学校や仕事の関係で、忙しい日が続き『結構知られていない歴史シリーズ』を怠っておりました。今後ともコンスタントにアップしていきますので、どうぞ皆様、ご愛読の程、ヨロシクお願いいたします。
o(^▽^)o
15585378_1213419068772364_2873463538538331471_o.jpg

さて、本題に入ります。いきなりですが、道昭(どうしょう)というお坊さんをご存知でしょうか?大阪の渡来人や仏教、飛鳥時代を語る時、道昭を忘れてはいけません。彼は現在の大阪、羽曳野市(はびきのし)北部の生まれです。彼の生きた時代というと、朝鮮半島は『高句麗・百済・新羅』の三国時代で、日本は飛鳥時代で『舒明天皇:じょめいてんのう』が君臨し、天皇の宮殿を『百済宮:くだらのみや』と名付けた時代で、日本と朝鮮半島がとても良い政治を行った時代でもありました。
この道昭というお坊様、俗姓は『船連氏:ふねのむらじうじ』という名前で、彼の父は『船 恵尺:ふね の えさか』といい、舒明天皇の曾爺にあたる欽明天皇に仕えて『船史(ふねのふひと、史は姓)』を与えられた氏族です。
また『王辰爾:おうしんに、おうしんじ』の子孫であるといわれ、その王辰爾とは第16代百済王辰斯王の子、辰孫王を発祥とする百済渡来系氏族船氏の祖で、学問に秀で、儒教の普及にも貢献したとされる人物でした。つまり道昭は、朝鮮半島渡来人の血を引き継ぐ、お坊様なのです。
さてさて、話を戻し、彼は24歳の時に唐(中国)に渡り『玄奘三蔵:げんじょうさんぞう(三蔵法師)』に師事し学びます。そうあの西遊記にでてくる三蔵法師を師にしたお坊さまなのです。
(☆Д☆)キラリーン♪
玄奘はこの異国の学僧:道昭を非常に大切にし、同室で暮らしながら指導をしたといわれています。これは三蔵法師がインドで学ぶ時、異国人としていじめられた経験から、自分の弟子は異国の僧であっても、大切に育てようとしたようです。そして道昭はそんな優しいお師匠様から、8年間の学びと修業を受けた末、日本に戻ってきました。
その後、彼は日本の『法相宗:ほっそうしゅう』の始祖となりました。法相宗とは現在の、興福寺、薬師寺の2本山が統括しています。晩年は全国を遊行、特に大阪で土木事業を行い社会事業にもつくす傑出した高僧となり、一般庶民や農民に尊敬を受ける僧侶となりました。
700年に72歳で没した際、遺命(遺言)により日本で初めて火葬に付されます。その記録も『続日本書紀』に現存しています。また彼が亡くなったとき、時の天皇『文武天皇:もんむてんのう』が大変悼み、使者を送って弔意(ちょうい)したエピソードも残るほどです。
そして彼の高弟には、あの奈良の大仏を建てた『行基:ぎょうき』上人がいます。行基についてはまた次回。
((o^-')b
★大阪に道昭が創建した寺★
①佐井寺(さいでら)…大阪府吹田市佐井寺1丁目17-10

妙傳寺(みょうでん)の半跏思惟像

2017.01.24.Tue.11:58
李創建さん ( 焼肉 絵のある街 瑞江店)。
東京都東京都 江戸川区 ·

293.続・結構知られていない日本と朝鮮の歴史
16195753_1251633384950932_6752040806592145636_n.jpg

【2017年の新発見】
いや〜寒い!ここ一週間の間に、東京を除くあらゆる地域で大雪だったようで、皆々様大変でしたね。とにかく事故や怪我にはお気をつけください。生きてるだけで丸儲けですからね。ヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ブハハハ!ヾ( ≧∇≦)ブハハハ!
さて、久々の日朝歴史シリーズです。京都の北、比叡山よりもさらに北に『妙傳寺:みょうでんじ』があります。京都の中心地よりも、滋賀県や琵琶湖に近いと言ったほうが良いかもしれません。
住所は京都府京都市左京区八瀬近衛町370です。静かで時間がゆっくりと流れる、この街の妙傳寺は、1616年に『八瀬童子:やせのどうじ』の菩提寺(先祖を祀る寺)として建てられました。『八瀬童子』とは、個人名では無く、この地域に元々住み付きながら、現在世界遺産となっている比叡山の雑用や、神輿を担ぐ仕事を行なった人々を言いました。比叡山は『最澄:さいちょう』という人物が建てたのですが、朝鮮半島渡来人の子孫というのはこのシリーズでもお伝えしています。
そんな最澄がこの地に住む『八瀬童子:やせのどうじ』達を、鬼の子孫と伝えていました。髪を長くし、裸足で歩く姿からそう呼んだようです。しかしこの地域は、朝鮮半島渡来人達がたくさん住んだ場所であり『鬼伝説』がある所は、日本全国で朝鮮半島渡来人と関わる話が多く残ります。また渡来人子孫の最澄が言っているとなると、益々その可能性が高いと言えます。
そんなハ瀬童子の菩提寺『妙傳寺』の事を今年、2017年1月13日(金曜日)のニュースで大々的に報じました。
それは、このお寺にある本尊の観音像『半跏思惟像:はんかしいぞう』が朝鮮半島の物であると報じたのです。毎日新聞、朝日新聞、読売新聞、韓国の新聞やネットニュースで大々的に報じられました。ただ新聞では小さく三面だったので見逃しがちですが、これは中々の世紀の大発見でした。
これが朝鮮半島の渡来仏であるという事は、上文でも書きましたが、お寺を建て本尊を飾った『八瀬童子』達は朝鮮半島渡来人の可能性が益々高くなったという事になります。さらには、比叡山は朝鮮半島渡来人の『最澄:さいちょう』が建てただけでなく、この地域に住んだ、多くの朝鮮半島渡来人の手によって作られ、支えられてきたという事が分かるのです。
今後、世界遺産『比叡山』を訪れる際は、少し足を伸ばし『妙傳寺』に、立ち寄るのも良いかもしれませんね。ただちなみに、ここの半跏思惟像は、滋賀県博物館に保管される事となっています。
(o^-')b