FC2ブログ

志賀の里探検①

2015.01.26.Mon.16:35
P1010637m.jpg
★迷子になって
BSの中山道特集を視ていたら
「小田井宿(おたいじゅく)」
沓掛だった軽井沢の次の宿場町が映し出された。
観光化されていなくて、江戸時代の宿場町の風情が残っている。
「こんな素敵なところがあったのか~
一度いってみたいなぁ」
空気感が江戸時代そのもの。

1月24日の土曜日
半日だけ時間がとれて、急きょ、
でかけることにした。
今年初めての一人探検隊(笑)

車で約一時間、想像した通り小田井宿は、
江戸時代そのままの雰囲気が保ってあり
落ち着いた静かな宿場町だった。
C3E6BBB3C6BBBEAEC5C4B0E6BDC93.jpg

大満足。
さぁ、帰ろうと 安心モードになったら、道に迷ってしまった。

P1010640-58.jpg
★志賀の集落
道なりに続く一本道を走っているうちに、
小さな集落に入ってしまった。
前にも後ろにも山が連なり、
その間を川が流れている。
細長い集落。
一本道に沿って、家並みがある。
志賀城跡、志賀郵便局、志賀小学校跡。
志賀の集落だった。

毎晩眠る前に地図を見ている。
佐久市の地図を見ながら、
「国道254号のひと山越えた
北側に位置する志賀は、きっと
海人族の入植した土地だろうな」
と思いつつ、その集落への入り方が
分からなかった。
そんないつも行ってみたいと
思っていた志賀の集落に
偶然迷い込んでしまったのだ。
嬉しかった。
ワクワク一人探検隊

P1010644m2.jpg
★古い家並みに感動
この様な家並みが続き、なんだか歴史が古そうだ。
何の産業で潤ったのだろうか?
この集落の上に大きな牧場がある。
牧場主の家なのだろうか?

P1010661m.jpg
★信州隠れ里
「志賀の里」でネツト検索すると
石川県羽咋市志賀町
京都府綾部市志賀里
が出てくる。
この佐久市志賀は、私が発見した「信州隠れ里」(^^)/

☆志賀という地名、古代海人族については、
カテゴリ「安曇野伝説の魏石鬼岩窟探検隊」にあります。


スポンサーサイト

志賀の里探検②

2015.01.27.Tue.11:54

★素晴らしい家並み
一本道に沿って車を走らせるとますます隠れ里らしい集落にたどり着く。

naya57.jpg
★石垣と蔵の里
石垣が見事、蔵のある家が多かった。

ginga54.jpg
★村社諏訪神社
村はずれの鎮守の森


山と山に挟まれた忘れ去られたような志賀の里
ひとつの小さな宇宙なのだ。

iwa56.jpg
★集落の入り口の巨岩
こんな素敵な偶然を伝えることが出来て幸せ(^^♪
ブログを初めて良かった。

志賀の里探検③

2015.01.27.Tue.15:07

★コマでマキ
帰りに、志賀川沿いの小さな商店に寄って、飲み物を買った。
「志賀の里って、古い集落ですね」
「ああそうですか」
「随分、歴史があるように思えるんですけど」
「あそこは、コマですから」
「コマ?」
「そう望月と同じコマなんです」
「コマってなんですか?」
「マキです。」
古代の放牧場だろうか。

コマでマキな小さな宇宙。
志賀の里よ永遠に