FC2ブログ

朝の東寺で空海体感①

2015.04.30.Thu.13:18
朝の東寺に生きていた空海の心
京都駅近くのホテルに泊まった。
朝5時に、ムックと起きた。
連れは爆睡中。
「そうだ。朝の東寺周辺を歩いてみよう」
自称空海ファンとしては、「羅城門」「西寺跡」は、
どうしても一度は訪ねてみたい場所だ。
まず、ホテルから東寺を目指す。
堀川通りを歩いて 伏見稲荷御旅所を右折すると東寺に着いた。

朝日を浴びる東門
P1020276.jpg
黒い五重の塔も朝日を浴びていた
まるで空海そのもののような孤高さ崇高さで
P1020278.jpg
憩いの場
四方八方から、ボツボツと京町衆が集まってくる。
広い境内で、散歩する人
体操する人
朝の東寺は、京町衆の憩いの場
P1020284.jpg
そして、あるフレーズが放送された。
一気に空気が変わる。
いいメロディーだ。
密教の音楽だろうか?
ゆったりした哀愁のあるメロデイー
しかも、ワン・フレーズ

御影堂(みえいどう)へ
(御影堂は空海が10年間修業した場所)
P1020287.jpg
すると京町衆は、ゾロゾロと御影堂に入って行った。
近くにいる老婆に訊いてみた。
「何があるのですか?」
「お舎利もろてきなはれ 元気になるよって」
よく意味が分からないけど、ようするに入っていいらしい。
つられて一緒に、入ってしまう。

365日毎朝 行われる朝6時から約1時間の勤行
誰でも、お経をあげることができる。
信者さんから私のような旅人も区別しないで、受け入れてくれる。
「普(あまね)く照らされている」そんな感じだ。
ジーンと感動した。
ありがたいことだ。
嗚呼 空海体感
スポンサーサイト



空海体感②

2015.04.30.Thu.14:03
御影堂入り口
生身供(しょうじんく)というお大使様へのお食事儀式の後
全員でお経を唱える。
実はお経ではなく「弘法大師和讃」という空海さんの一生を七五調で謳ったものだそうだ。
その和讃が終わると、みんな一列に横並びになって、何かを待っていた。
何が始まるのだろう・・・・
暫くすると、お坊様が、太い竹の結界に並んだ信者一人ずつの頭と手に「仏舎利」の入った錦の袋を当てる。
ちょっと恥ずかしいけど、私も並んだ。
錦の袋を当ててもらった。
これが「お舎利もろてきなはれ」なのだと納得した。
1200年の時空を超えて、空海さんからジィ~ンとパワーをもらったようだ。
さぁ、歩くぞ~!

信者さん達の靴がズラ~リ並んだ御影堂
朝のお勤めが終わると
「ほなね」と言って、各自の家に帰る京町衆
P1020289.jpg
伝説の蓮華門 
「身は高野 心は東寺におさめおく」
空海が東寺を去り、高野山へ行く時、壬生通りの蓮華門の前で、
みな、別れを惜しみ涙した。
その涙から蓮花が咲いたので、蓮花門と呼ばれているそうだ。
P1020290.jpg
蓮華門アップ
この蓮華門から、空海さんと違って、私は羅城門を目指した。
P1020294.jpg
空海の幼名は、佐伯真魚(まお)
超ポップな名前だった。
宝亀5年(774)讃岐国(香川県)多度郡屏風ヶ浦で生まれた。
kuukai.jpg

平安京の羅城門③

2015.04.30.Thu.20:51
蓮華門から羅城門を目指す。

平安京
見わたせば柳桜をこきまぜて都ぞ春の錦なりける~都だった平安京「古今和歌集」より

桓武天皇は奈良の寺院勢力を抑える為に、平安京への寺院の移転を認めなかった。
よって、平安京内に唯一建立が認められたのが、平安京の鎮護寺院である東寺と西寺であった。

都の南側には巨大な羅城門がそびえ立ち、東寺西寺が建てられ、平安京の表玄関を飾っていた。
Heiankyo_map.png
羅城門の鬼伝説
「羅生門」の鬼は、平安京の正門・羅城門に巣食っていたといわれる鬼
平安時代の謡曲『羅生門』などに登場する。
羅城門ss
羅城門 異形の毘沙門天
国宝「兜跋毘沙門天(とばつびしゃもんてん)立像」
羅生門の上には、平安京の守護神として、この兜跋毘沙門天が安置されていた。
兜跋毘沙門天は、平安京の繁栄も衰退も荒廃も、この二階から見ていたことになる。
「東寺の謎」三浦俊良 祥伝社黄金文庫より
~かなり怖いお顔です。
※現在は、東寺宝物館に安置されている。
B2S8Go2CQAEvKKc.jpg
現在の羅城門跡
小さな公園の中にポツンと

P1020304.jpg

羅城門跡から西寺跡に④

2015.05.01.Fri.09:53
★復元 羅城門(イメージ)
羅城門復元図
★羅城門の兜跋毘沙門天
あの羅城門の上から、こんなこわ~いお方が睨みを利かせていたのですね。
koto04.jpg
★西寺復元模型(平安京創生館)
官寺だった東寺を嵯峨天皇より賜り、空海が密教寺院としてプロデュースした。
しかし東寺と違って、西寺は荒廃し、なくなってしまった。
西寺復元模型
★唐橋小学校
西寺跡を探して歩いていたら、小学校があった。
唐橋小学校
P1020316.jpg
★現在の西寺跡
もともとは、唐橋小学校も広大な西寺の一部だったそうだ。
P1020317.jpg

神泉苑(しんせんえん)で雨乞い対決⑤

2015.05.01.Fri.13:05
★神泉苑を目指し、ひたすら歩く。
ひたすら、南下する。

(イメージ)
★神泉苑
この道は今から1191年前の824年
神泉苑で行われた請雨経法(しよううぎようほう)
請雨経法は、れっきとした密教の修法
雨乞いの儀式に向かう空海が歩いた道かもしれない。
070926_teramachi5ss.jpg
(イメージ)
★当時の神泉苑
神泉苑は平安京の南側に道をはさんでつくられた禁苑のひとつで、こんこんと湧きでる広大な池をもつ庭園であった。
現在は二条城の南側にチョコンと位置する小さな池となっている。
神泉苑があったので、「御池通り」と今も呼ばれている。
824年
西寺の守敏(しゅびん)と空海が雨乞い対決をし、空海が勝利した
それが原因で守敏の西寺が朝廷からの信頼を失い、滅んだという説もあるほどだ。
meisyo.jpg
★現在の神泉苑
Shinsenen_Kyoto_Japan07s3.jpg
※このウォーク かかったお金ゼロ円
神泉苑の雨乞い対決に向かう空海になった気分で歩いてみようヽ(^。^)ノ
※もっともっと歩きたい人は、そのまま平安京を南下して船岡山まで歩いてみては?
平安京造営時の桓武天皇になった気分で、船岡山から平安京の現在を眺めてみようヽ(^。^)ノ


神泉苑 地図