FC2ブログ

古代人の魂が宿る神倉神社

2015.01.13.Tue.17:07
神倉神社-1
創建128年 古い!
神武東征の天磐盾(あまのいわたて)と伝えられている。
しかし、そのずっ~と前から。
なんせ、境内から弥生時代の祭祀用青銅器が発見されているのだ。
2000年以上前(^^)/ ゆえに 古代人の魂が宿っている。

源頼朝が寄進したという538段の石段はきつかった。(笑)

和歌山県新宮市神倉山に鎮座する神倉神社
神倉-5
巨大なゴトビキ岩に到着
「ゴトビキ」とは、熊野地方の方言で「ヒキガエル」のこと
神倉神社-
作家中上健次が愛した「御火祭(おとうまつり)」は、毎年2月6日に行われる。
スポンサーサイト



波己曽(はこそ)神社

2015.01.14.Wed.15:34
P1010559-2.jpg
妙義山が「波己曽山」と呼ばれていた頃、波己曽山に向かって波己曽神社が数社鎮座していたという。

「上野神明帖」に「従二位波己曾明神に作る。今白雲山に在りて、妙義権現と日(のたま)ひ、日本武尊を祀る。
山下に行田・八城・二軒在家・中里・古立・行沢(なめざわ)・大牛(おおうし)・諸戸(もろと)・菅原(すがわら)の諸邑(しょそん)あるべし、疑(うたがうら)くは、其の地ならん」とある。

訪れる人もなく、誰にも気づかれずに、いつもひっそりした静かな
波己曽神社。